「3 Great American Voices」いってきました。

キャロル・キングお目当てでいってきました。武道館。
他に、メアリー・J.ブライジ、ファーギーと豪華メンバーのようなのですが、こちらは予習なしです。
ちょっと不安だったのは、これだけバラバラの組み合わせだとくるお客さんも若い人から年配の人までいるんだろうなあ。って。絶対キャロル・キング目当てのお客さんは踊ったりとかはないでしょう?

とか思いつつ、「メアリー・J.ブライジ」からスタート。
歌唱力と迫力、最初はあまりノラナイお客さんを最後はノリノリにしてさすがプロ。
何曲か聞いたことあるのもあり、これは思ったよりいい!

次に「ファーギー」。いわずと知れたブラック・アイド・ピーズのメンバーでやっぱり大人気。
バックダンサーと一緒に、歌いながら自分も踊る。ショウアップがすごい。見応えがあるステージでこちらも大満足。

最後にお目当ての「キャロル・キング」。
現在65歳というお年で、写真よりはかなりおばあちゃんになっていて最後まで大丈夫かな、、一瞬思ってしまいました。が、もうこれが穏やかに、だけどピアノを引きながらパワフルに歌ってくれました。
「Living Room Tour」のアルバムの曲を生でやってくれました。本当に涙が出そうになるほど感動!

最後は3人そろって「A Natural Woman」を熱唱。
結局この日は始まったのが19時で終わったのが 22時すぎ。3時間以上のコンサートでこの3人の組み合わせ、本当に予想外によくてお得で大満足!パワーをたくさんもらった一日でした。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です