【学生生活】多摩動物公園にいってきました。

金曜日は「新入生歓迎会」ということで、学友会企画にて多摩動物公園にいってきました。よーく考えてみると、東京に来てから数十年、初めての多摩動物公園だ!ということに気付きました。ここはいろいろな動物がいるらしく、入る前から楽しみです。でまずは、記念に入り口から。

ぞうさんがお出迎え。この上にキャッチコピーがあるんですけど、「アリからゾウまで」ですって。気持ちは分かるが、なんだそりゃと軽く突っ込みたくなるコピー。もうちょいなんかないんかい。

そんなことを思いつつ、入園後はテンションがあがりますねえ。今回はチームに分けられて、2時間で回るというちょっと無茶なスケジュール。その上、「この動物をみよ」というポイントがいくつかあって、そこから問題がでるという企画。うーん、学生らしい感じ。ほんとはもう少し自由に動物達をみたかったけど、学校企画なのでとりあえずは従うことに。とはいいつつ、気に入った動物の写真はちゃんととっていましたけどね。

対象物が遠いんだよね。。でも本物は意外と大きい。

サイは睡眠中。うーん、動物園はこんなものか。

オラウータンはここの動物園の名物なので、大事に扱われているようですね。この写真は麻袋を使って2匹で遊んでいる様子。こうやってみるとちょっと人間っぽい。

もう少しすると、オラウータンのスカイウォークが始まったのですが、時間がなかったのでそれは見れずじまい。

コアラも見れなかったので、銅像の写真で我慢。オーストラリア園で見れたのは、なまけモノの集団、カンガルー。


やる気全くゼロ。カンガルーの説明にも、「緩い集団でなんとなく集まっている、、」というようなことが書いてありました。お猿さんとか、そういう体育会系ではないようです。さすが南の国の動物。それにしてもオスの姿は「日曜日に横になってテレビをみてるおやじ」にまさに瓜二つ。ある意味、人間に近いのか?

意外に感動したのが、しまうま。模様をまじまじみると、ほんときれいなんですね。背骨にラインがあって、縞の配置も美しい。


最後にキリン君です。「おーい、おいで」と呼んだら、近くまで来てくれましたよ。でも写真は帰るときの後ろ姿。。今日は正面からばっちり動物をとることができませんでした。

そんな大慌てで回った後、多摩テックまで歩きで移動し、バーベキュー。そこで動物クイズを行い、優勝者に商品。多摩動物公園で売っていた、動物のカチューシャ。やっぱりのりが学生だなって感じた瞬間でした。

それにしても、今年の1年生は高校卒業したての子が3人ほどしかおらず、その他18人は社会人。上は50代までいるので、新入生歓迎会というよりは、引率者が多い団体になっておりました。。その上、段取りが悪くってもたもたしていて、社会人経験チームはちょっといらだち気味。

ちなみにみんな多摩動物公園で体力を使い果たし、多摩テックまで歩くときにはクタクタで無口に。この日は万歩計をつけていたので、家に帰って確認してみると「15000歩」でした。そりゃ、疲れる訳です。今年の経験をふまえて、来年はもっと段取りよくするだろうなー。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です