【学生生活】入学式を経てはれて学生となりました。

退職後、ばたばたしながら手続きをしていた、職業訓練としての専門学校への入学。昨日の入学式を経て、晴れて学生の身分となりました。通う学校はこちらです。

私は八幡山まで電車で、あとは徒歩なんですが駅から遠い遠い。歩いて20分はかかります。犬の散歩をしてから来れるかが少し不安。でも、学校自体はとってもアットホームだし、クラスの半分は職業訓練経由の社会人だし、先生もなかなかしっかりしているし、就職率が高いのも分かるような気がしました。

で入学式は学校では場所がないので、烏山区民会館を借りて行うことに。ほんと、入るとき父兄と間違えられるのでは?と思いつつ早めにつくと、顔を知っている事務員の方が迎えてくれたので普通に受付を済ませ中で待つことに。なんかちょっと早めにきてねといわれていたのですが、リハーサルをちゃんとやるためのようでした。(一人一人名前を呼ばれたら、ハイといって起立する練習)

やっと入学式に。雰囲気を伝えるため始まる直前の様子はこちら。


式が始まると静粛な雰囲気に。そうだよね、18歳ではいった子は新たなスタートだもんね。隣の子がそうだったけど、18歳だそうで私の年の半分ではないか、、ということに冷静に気付きました。話題はジェネレーションギャップがあるかもしれないけど、まあ若者の気持ちとか考えとかいろいろ聞けるいい機会かもね。

ちなみに、この学校は私が所属する「介護福祉学科」のほかに「手話通訳学科」があります。なので、式とかオリエンでもそうでしたが、必ず手話通訳が入ります。また、手話学科の先生はろうわ者の方で、授業なんかも手話でやるんだなあと、それはそれで大変だけど、相手の気持ちになりながら勉強できる環境なんだなあと思いました。

今回の新入生は各学科20名程度で、全体でも40名。私が学生だったころって、大学まで必ず1クラス40人はいたので、少人数での学生生活はほんとに楽しみです。

ここまで書いて信用されてない方用のために、入学許可証を。これでどうだ!もちろん名前は隠していますけどね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

「【学生生活】入学式を経てはれて学生となりました。」への2件のフィードバック

  1. おめでとうございます。成人してからの学生生活って違う意味で充実感があるような気がします。頑張って下さいね。陰ながら応援してま〜す。

  2. ありがとうございます。ある程度仕事をしていくと、勉強をじっくりとしたくなるんですよね。そういう機会に巡り会えたので、お金はないけどできる限りがんばってみようかな、って思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です