【Book】脳に悪い7つの習慣(林成之)

何となく気になったので読んでみました。この著者である林成之氏は、脳の専門家という立場からアスリートに勝敗に影響を与える脳の癖「勝負脳」の考え方を広め、アテネオリンピックの水泳選手やサッカーのなでしこジャパンなどに影響を与えた方とのこと。タイトルがちょっとハウツー本みたいですが、内容はなかなか為になる一冊です。

[amazon_link id=”4344981448″ target=”_blank” container=”” container_class=”” ]

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)[/amazon_link]

amazonの内容説明より抜粋。
============================ 
脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。
この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。

脳に悪い習慣とは、
(1)「興味がない」と物事を避けることが多い
(2)「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
(3)言われたことをコツコツやる
(4)常に効率を考えている
(5)やりたくないのに我慢して勉強する
(6)スポーツや絵などの趣味がない
(7)めったに人をほめない
の7つ。

これらをやめるだけで、なぜ頭の働きは倍増するのか。
知らないと損する脳のしくみを、わかりやすく解説。
============================ 

「脳のクセを知って、自分の考えるクセや行動を直す。」

経験則からすでに実感している内容を、脳科学の視点からしっかりと説明してくれているのでとても理解が深まります。具体的にどのようにすれば「脳によい習慣」となるのか、簡単に抜粋してみました。

  1. 脳の本能を磨く
    →貢献心を持っている、物事に対して広い興味を持っている。
  2. 感性を磨き、理解力を高める
    →物事を面白い、好きと思う。愚痴らない。笑顔をつくる。
  3. 達成率を上げる
    →目的と目標を区別し、ゴールを意識せず、一気にやりきる。
  4. 独創的な思考力を発揮する
    →繰り返し考え、文章や図にアウトプットする。大事なことは4日おいて考え直す。
  5. 記憶力を高める
    →楽しんで勉強し、物事を覚える際には関連性を考え、暗記する場合は他人に説明できるほど完璧に!
  6. 空間認知脳を鍛える
    →正しい姿勢を保っている。字を丁寧に書いている。スポーツや絵に取り組んでいる。おしゃべりの機会が多い。
  7. 人間性を磨き、コミュニケーション力を高める
    →感情を込めて、相手の立場に立って、目的を明確にして話している。そして人をほめる!

こうやってまとめてみると日常生活でちょっと意識するだけで実行できそうなものばかり。この内容って、以前の会社の尊敬できる上司がすべて実行していたなあと、ふと思い出しました。だからあんなに人間力が高いのですね。私もがんばろう。

【Book】ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ここ数年、働き方にはどうしたらいいかちょっと迷い気味。少なくとも社員としての会社勤めはとっても違和感があり、様子をみるためにフリーに。フリーもすごく不安定で乗りこなすまで大変ですが、なんとか前に進んでいる感じ。

そんな中、今年最後に読んだ本がこちら。

[amazon_link id=”4833420163″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉[/amazon_link]

[amazon_link id=”4833420163″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉[/amazon_link]

この本ではすでにおこっている働き方について分析し、将来どうすべきかを問いかけている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

フリーがいいとか、社員だと悪いとかはないけど、環境や価値観が変わりつつある今、「漫然と迎える未来」では幸せになれない。というか、今まで価値観として植え付けられてきた考え方のママではいろいろと無理がでてくるとのこと。私もこの考え方には大賛成。

働き方を変える「3つのシフト」はすでにできそうなものや、やっぱり時間がかかるものも含まれていて、今現在が過渡期であることが実感できます。ネットを使ったプロジェクト単位の働き方は結構身近かもしれません。連続スペシャリストになるために日々に流されずにコツコツと学ぶ重要性については改めて自分もちゃんとやらないとと思いました。

この本で書いている変化は2025年を見据えていますが、多分2020年頃には既に当たり前になっているような気がします。ここ数年の働き方の違和感がすっと納得できた、とても共感できる一冊でした。  

ひとり飲みの必読書!?「ひとり飲みにやさしいお店」over100軒/bacchante vol.3(バッカンテ)

先日、とある方よりこちらの「bacchante(バッカンテ)」というムック本をいただきました。

[amazon_image id=”457545415X” target=”_blank” size=”Large” link=”true” container=”” container_class=”” locale=”JP” ]bacchante vol.3 (双葉社スーパームック)[/amazon_image]

30~40代女性のための「美酒美飲」ライフスタイル誌第3弾のようで、今回の特集は「ひとり飲みにやさしいお店」over100軒とのこと。中をみると新しい店も多く掲載されていて、なかなか参考になります。

近頃はもっぱら店探しは主に食べログ、Rettyなどを使うのですが、新しい店の情報は口コミになるまで時間がかかるので出るのが遅いんですよね。なのでこういうムック本から新しいお店を探すのも時にはいいかも。

このごろひとり飲みも増えてきたので、気を利かせてくださったのかあるいはもっと勉強せいということか。。。どちらにしても精進したいと思います。

仏像好き女子のまったりエッセイ第二弾!【Book】もっと! 仏像に恋して(真船きょうこ)

以前、このブログでもご紹介した漫画家デビューをしていた会社の後輩(ブログ記事はこちら)が第二弾のエッセイを出版しておりました!

 その名も「もっと!仏像に恋して(真船きょうこ)」です。

[amazon_link id=”440404206X” target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]もっと! 仏像に恋して[/amazon_link]

もともと美大出身で仏像好きのまったり女子の真船さん。そんなまったりな趣味が講じて本を出版し、第一弾が大好評!そして今回の第二弾の運びとなったようです。

私もちょっとだけ仏像好きなのですが、そんなにマニアというほどではないんですよね。ただこの本は、そう思っている人たちが読んだときにすごく無理なく楽しく読める構成がとてもよいんです。それは彼女の素直な気持ちで書いているところがなせる技で、今回もとても好感が持てる一冊となっています。

第二弾は京都やインド、大分、福島など実際に見に行った仏像のお話とそのときの様子など、真船節で楽しくステキに描かれておりました。

特に印象的だったのが最後にある大震災後の会津の仏像に会いにいったお話。東北出身ですが、会津に東北唯一の国宝の仏像があるなんて知りませんでした。歴史をみると奈良時代から平安初期に活躍した徳一上人さんが俗化した都市仏教を嫌い、東北へ布教の旅にでて、ここ会津にやってきて庶民救済をしていたためのようです。

震災もあり、経済や政治も不安定の混沌とした今だからこそ、先人たちが守ってきた仏像たちに会いにいって、自分を振り返る時間を持つというのは大事なのかもしれません。そんな仏像との出会いによって、私たちは癒され、前向きに生きていくためのきっかけを与えてくれるんじゃないのかな。

私もそのうち福島の仏様に会いにいきたいと思います!

【おまけ】
彼女の人柄を知りたい方はこちら。なんとなくまったりしますw。
マフ日記 http://maf-s.jugem.jp/

【Book】イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」(安宅和人)

久々に読書メモ。生産性が高い人は何が違うのか?そこから何を参考にすべきか?をノウハウというよりは考え方をキチンと伝えてくれている本。分かりやすくいうと「段取り上手は何が違うの?」と言い換えてもいいのかも。ビジネス本は数多くあるけど、どちらかというとそれはパーツごとのテクニックの説明書なので、こういう根本的な考え方を知るにはとても参考になると思う。

[amazon_link id=”4862760856″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」[/amazon_link]

冒頭に「イシューからはじめる」という考え方は何かというのが書かれている。

  • 「問題を解く」より「問題を見極める」
  • 「解の質を上げる」より「イシューの質を上げる」
  • 「知れば知るほど知恵が湧く」より「知りすぎるとバカになる」
  • 「1つひとつを速くやる」より「やることを削る」
  • 「数字のケタ数にこだわる」より「答えが出せるかにこだわる」

これはすべて限られた時間で「バリューのある仕事」をするための考え方のポイントである。

それじゃあ、「バリューのある仕事」とは?となると

「イシュー度(自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ)」×「解の質(そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い)」

が高いものが「バリューのある仕事」として定義されている。

時間や数打ちゃ当たるてきな仕事をしても軸は高くなるが、「犬の道」に踏み入れてしまう。労力が多くて結果があまり出ない状態ですね。まあ、世の中ある程度生きてくると分かるのですが、多くの問題があるように見えてそれを全部どうにかしようとすると大変になるし、そんなに重要じゃなかったりする。

最初に多くの問題から「どれに答えを出せばいいのか?」必要な問題を見極めるほうが大事。問題は「むやみに解く」のではなく、必要性があるものだけまずは「見極める」ほうがとても大事なのである。

問題(イシュー)の3条件も定義されています。

  • 本質的な選択肢である
  • 深い仮説がある
  • 答えを出せる

シンプルだけど実際の仕事で導入しようとすると、案外冷静に判断できすに慌ててしまうことも多いはず。とにもかくにも日々の仕事の問題解決においては、結局目指すべき「ゴール」があり、それを見失って目先のことだけやっていると、あまり生産性はあがりませんよね。

個人的にはこの本を読む前に、ある程度経験からこの「問題解決の仕方」を実践できるようになったタイプなので、理論としてかなり頷ける部分が多かったです。

犬の道は歩くな!と書いてありますが、これはある程度苦労した後に会得できるもののようにも思えます。苦労していてもしていなくても、最終的にはノウハウに頼らず「自分の頭で考える」て解決するという癖が大事なような気がする。そうはいってもこういう本を事前に読んでおくことによって気づきは早くなると思いますので、気になる方は読んでみるといいかも。あなたもこれで段取り上手?!

【書籍】Webデザインのためのツールのテクニックが学べます「Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン) 」

久しぶりにツールの使い方の復習。Fireworksをがっつり使っていたのが確か、、6−7年前。そこから制作側の作業はしていなかったのですが、フリーになったのをきっかけに再度お勉強しております。

使っているテキストはこちら。実は「Fireworksマニア http://fw.v-colors.com/」というサイトをみつけ、そのサイトを運用されているデザイナーさんがつい最近だした書籍なのです。この本の何がいいかといいますと、デザインがおしゃれ。得てしてチュートリアル本って技術を取得するのが目的なので、サンプルがいまいちだったりするのですが、こちらの本は作っていて楽しくなるような、かわいいラブリーなものばかり。

Fireworks CS5/4/3 (速習デザイン)

本にそって作ったパーツ系のデザインがこんな感じです。

そしてワイヤーにそってサイトをつくるという課題もあり、こんな感じで作っています。

パーツだけでなく、ページ全体のデザインから効率よく書き出すテクニックはやはり制作では必須!やりだすと結構手間取っておりますが、楽しく学ばせていただいております。

すでに制作現場でFireworksを使っている方でも、気の利いた使い方、便利な使い方など学び直すにはよい本だと思います。こちらの本でFireworksの使い方を学んだ後は、自分のビジネス用のサイトをデザインして、WordPressに組み込む予定です。乞うご期待w。

【書籍】WPのカスタマイズの基本が分かる。「WordPress レッスンブック 3.x対応」

5月からのフリーの仕事で、積極的に受けているが「小規模のウエブサイト」。そしてターゲットとしているのが「中小企業さん」。

というのも以前から広告PRにお金をあまりかけれない中小企業さんが、自分の商品サービスを売り込むのにとてもよい手段がネットなのになあ、、と思っていたから。

小回りが利く身分になったので、とりあえずはWordPressをカスタマイズしてクライアントごとに作るパターンが今のところCPもよく、リリース後の運用もクライアント側でできちゃうのでなかなか便利なわけです。

というわけで、WordPressカスタマイズの基本となるのがこちらの本。


WordPress レッスンブック 3.x対応

ただし、前提条件はWebサイトをつくる基本が分かること。htmlやCSSはもちろんのこと、サーバのこと、PHPの基本くらいは知っていないと だめかな。既にWebサイト制作をしたことがあって、更新とか、SEOとかもうちょっと管理を便利にしたいという方は、この本を読んでWordPress のカスタマイズの基本がわかればだいたいできちゃうと思います。

とにかくカスタマイズの基本を知りたい方にはおすすめです。