卒業式、そして介護という分野について

地震のために延期になっていた卒業式が、昨日改めて開催されました。

2年間の学生生活でしたが、なんだかあっという間に過ぎ去りました。2年前はいろいろあってあまり元気がなかったのですが、今は十分充電できたのでまた元気に社会復帰ができそうです。

2年間の学校生活の締めくくり。「卒業式」

「介護」という分野を勉強する前は、「老後、老人」というものが得体の知れないもので、自分が年をとったらどうなるんだろう、、という不安の方が大きかったです。それは「知らない」ことからくる不安だったんだと思います。普通の人は自分が当事者にならない限り、この辺のことは進んでは理解しようということはないでしょう。

しかし、ひょんなきっかけから「介護を通した、老いる人間」について学ぶことができたのは貴重な体験だったと思います。

高齢者と一口にいっても、60代、70代は現役で元気に日常生活を送っている方が多く、介護が必要となるのは80代後半から。80代、90代といっても自分をしっかりもっている方は元気だったりと、、年をとったからこそ個人の生き方が如実に現れるんだなというのが実感できました。

あとは介護施設の実習。学生という立場で、現場で職員と同じ生活ができたことはかなり貴重でした。ボランティアなどではみれない、生活を支える上での大変な面を目の当たりにすることができました。

今回「介護」を経験して、メディアで報道のされ方はやはりネガティブだなと思いました。老いることはだれでもくることで、不幸ではないのですが、老後に関わる全ての人が「不幸な人」っぽくアレンジされがちで、普通に生活しているとそのイメージがインプットされます。そしてなかなか現場の本当の姿を見ることはないので、悪いイメージが先攻してしまうような気がします。

最後に、、介護施設で出会った80代の女性の高齢者に一瞬頭が普通になった時にいわれた印象的な言葉。

「結婚していないのであれば、こういう仕事にはつかない方がいいわよ。結婚して子育てが終わった人がついた方がいいわね。もっと若さを楽しみなさい。」

いつもはすぐに物事を忘れてしまう方が、人生の本質をついてくるずばっとついてくるとき、結構グッとくるんですよね。

卒業研究発表が終わりました。学生生活も残りわずか!

2年間の学生生活の締めくくりとなる、卒業研究発表なるものを先日行ってきました。場所はご近所の「青少年オリンピックセンター」。チャリで行けるのでとてもラクチン。

それにしても天気がいいw。

リハーサル、本番含めて2日間通って、学生が手分けして開催するという手作り感満載のイベントで、皆さん結構テンパっていたなあ。そんなに広い会場ではない(100人くらい入るところ)し、関係者しかこないというのもあって、個人的にはあまり緊張はなかったです。

基本的に発表者でもありつつ、各人が担当も割り振られています。要は小さな劇団と一緒で、演者でありながら裏方もするというそんな感じです。ちなみに私の担当は「パソコン係」。発表用のパワポをスライドしたり、マイクの音声を調節したりなど結構忙しい。。一番前で機械の操作をするので、以外と神経を使いました。スタンパイの場所はこんな感じ↓↓↓

卒業発表会、パソコン係でスタンバっていますw。

肝心の発表はといいますと、とてもスムーズに行うことができました。クラス全体が平均年齢が高い父兄のようなクラスなので、この辺はそつなくこなせるんですよね。なんだかんだいってあっという間の2日間でした。

この卒業研究発表にはおまけがあって、私が発表した「認知症の利用者に対するぬりえの効用」の内容が関係者の目に留まったらしく、介護を勉強する人向けの事例集に掲載させてくれというオファーがきました。部数は少ないので印税は辞退してくれとはいわれましたが、今後介護を勉強される方のお役にたつのであれば是非ということで快諾してきました。

今回の研究発表で取り上げた利用者さんはぬりえを通して本当に変化し、90歳で認知症でも人って進化する可能性を持っているんだなということが分かる事例となっています。なので多くの人に知ってもらいたいなあと。実際のぬりえをみるとホントに驚いちゃうくらいすてきなものになっているのですが、これは別の機会に紹介したいと思います。

あとは卒業式を残すのみ!さ、社会復帰しないとねw。

訪問介護の実習が一番楽しかった件

1週間の訪問介護の実習がやっと終わりました!これで介護福祉士になるための必須の実習日数はデイの実習1日だけいってくればOK。

専門学校で介護福祉士の資格取得にあたり、厚労省が決めている実習は450時間もあるんですよね。1日8時間労働で計算すると、約56日。ほとんど特養での実習でしたが、最終段階の11月にいってきたのがデイホームと在宅介護。個人的にはデイも楽しかったのですが、在宅介護が一番楽しかった!です。

何が違うかって、やっぱり家で介護を受けている高齢者のほうが施設と比べて生き生きしていること。そして全体的に自立しよう!という気持ちが強くてがんばっているところ。施設で寝たきりの高齢者だったら、全部ケアしてもらうので自分でやろうとするきっかけがなくなるんでしょうね、だんだんと生気が失われていっているような気がします。それとは反対に在宅の場合はヘルパーさんにきてもらう時間が限られているので、それ以外の時間は極力自分でやるために生活に工夫を加える。例えば下肢が動かない寝たきりの方は、起き上がれないので物をとる為に長い棒をつかってとっていたりとか、布団内で自分でパットやおむつを交換するという、施設ではありえないこともやっている。前半は施設での実習だったので工夫して自分で何かをやっている高齢者の方はとてもびっくりしました。

あと施設と比べてよかったことは、高齢者とのコミュニケーションがきっちりとれること。訪問時間は30分、1時間、1時間30分、2時間という枠でサービス内容も計画書に沿って行うのですが、その時間はきっちり1対1でコミュニケーションがとれるということ。施設の場合は利用者も多く、業務に追われているので会話ができても5分、10分、相手も遠慮してなかなかゆっくりできませんが、在宅の場合はその人の為の時間になるので関係性を築くのにはとてもいいなあと思いました。

働き方は週1日数時間からという単位で選べるので、やはり主婦の方が圧倒的で女性の職場ですね。在宅介護を受けている高齢者の方も圧倒的に女性が多く、また頭もはっきりしているので、身体介護などは女性じゃないとだめっていうのも多いようです。確かにいくら年を取ったからといって、体が動かないところに男性がくるのってちょっと嫌かもしれません。

給与の面では、介護保険の制約でおかしなところがちょいと気になります。例えば、移動時間は時給に含まれない(従って雨の日でもみんな自転車で移動)、1時間以上働くと時給が安くなっていく(要は1時間の時給1500円で3時間働いても1500円×3時間=4500円にはならない、それ以下に必ず押さえられる)というのはかなり現場では不評でしたね。現場の知らない厚労省の人たちが決めているんでしょうね。

そんなこんなで1週間楽しく過ごした在宅介護実習でしたが、事業所がある世田谷で駅から住宅街を通って通っていたのですが、、まあ気になるのポイントがいくつかあったので写真に納めて参りました。

朝は開かずの踏切となっています。
初日に道に迷って踏切をわたろうとしたんですが、もう朝は開かずの扉。少し立って気づいたのですが、ちゃんと線路を通らずともあちら側にいける通路がありました。この辺は京王線がいっぱい通っていて線路が多く、朝の時間はとても密にダイヤが組まれているので踏切をわたるのは至難の技でした。

民家に突如現れたオブジェ。

次に普通の民家の玄関先に置かれたオブジェ。毎日このお宅の前を通って事業所まで通っていました。それにしてもインパクトあります!

夕方に見ると本物と間違えちゃいます。

そして、こちらはお店の前にいる招き猫ならず、招きワンコ。帰り道、少し薄暗くなってから見ると一瞬本物に見えて何度かドキッとしました。それにしてもいいお顔のワンコの置物です。

電車が遅れたのは多摩地域での停電かあ。

こちらが駅のホーム。いままで乗換えで使っていたけど、降りたことのない駅だったのですよ。この写真は今週多摩地区であった停電の影響で電車が遅れていた日。下りはホームに人がいっぱいでしたが、登りはそうでもなく思ったよりスムーズに帰宅することができました。何となく記念にぱちり。

さて、来週からまた学校生活が始まります。学校生活も残りわずかなので存分に楽しみたいと思います!

【学校】後期の介護実技の授業数について思うこと

9月の実習期間が終わり、10月から普通に学校へ通う日々。また11月からデイホームと訪問介護の実習に入っちゃうので、しばしの座学という感じでしょうか。

そんな中、実技の授業が結構な時間をさいております。これはカリキュラム変更による厚生労働省の指定した時間数なのですが、みっちりと実習を終わった後ではこの時間はあまり必要ないんじゃないかな?と思います。

実技は現場に勝るものはなく、利用者の個性を見極めて介助方法を工夫していくわけなので、なかなか授業をやっていてもイメージが湧きづらいんですよね。。この辺は賛否両論あるとは思うんですが、現場の先生の雰囲気をみても「時間ありすぎて困っちゃうな〜。」という感じが伝わってきます。

もし時間をとるのであれば、ボランティアにいって実際の利用者さんと接して考察したものをレポートにまとめる方が現実的なような気がします。

そうはいっても、なかなかねえ。うーむ。

授業が終わったなう。で、本日の聴講生w。

介護実習が終わって、風邪を引いてしまいました。

9月から一ヶ月に及ぶ介護実習が無事に終了しました。終わる1週間ほど前から風邪気味で、最後の3日間はふらふらしながら出勤する始末。どうも夜勤で徹夜したのが響いたみたい。だってねえ、数年ぶりの徹夜でしたもの、、そりゃ体調も崩しますわな。

夜勤では2時から4時まで仮眠があるのですが、けっこうがっつり眠ったため、少し寝過ごしてしまい職員さんに苦笑されましたが、優しい方が担当だったので大目にみていただきました。夜勤は体的にはきつかったですが、一緒になったメンバーがよくって楽しく過ごすことができました。

そんなこんなで最後のほうで体調を崩しましたが、今回の実習は職員さんの雰囲気もよくなかなか充実した内容となりました。それにしても今回いった施設の職員さんは平均年齢20代で男性が多く、その上イケメン。ズボンは腰ではくわ、アクセサリーばっちりでどっかのバーみたいな雰囲気なんだよね。でもおばあちゃんにはやさしくって、いまどきの若者もがんばってるなーという感じで見直しましたよ。

余談はこれくらいで最終日は体調がだめだめながらも、やはり打ち上げ!タイ料理や一緒に実習にいった子とささやかなお疲れ様会を行いました。

打ち上げなう。タイ料理やにきちゃいました。

シンハーなう。がっつり食べてますよ!

グリンカレー!

暗い写真ではありますが、ビール&タイ料理です!一緒にいった学生の子は20歳、初のタイ料理とのことで、お姉さんとしていろいろお勧めお料理どチョイス。お店の雰囲気も気に入ってくれて大満足のようでした。

来週からまたまた学校生活が始まるので、週末は風邪をしっかりなおしておかないとですね。

【学校】点字を習ってます

2年生になってから学校で習いだしたもので「点字」があります。障害者の理解という単元の一環なのですが、点字って案外生活の中にあふれていますが、習う機会なんてめったにないので、とても興味深く授業を受けております。

で、まずは点字器と教本セット。

シンプルなプラスチックの素材なんです。すっごいシンプルなものですが、これをつかって点字をうっていくわけです。以前はこのような機械をつかって1つ1つ手打ちだったようですが、現在はパソコンにいれて「えいや」ででちゃうそうです。なので、このセットは完全にお勉強用です。

そして点字のルールってとっても簡単で、ローマ字が分かればそんなに苦労はないと思います。基本は「点字はすべて6個の点で表わすことができる」ということ。母音は「あいうえお」で、か,さ,た,な,は,ま行は母音+子音の組み合わせで表現されます。や、わ、ら行はちょっとイレギュラーになります。その他に濁点、句読点、アルファベット、数字などそれぞれ表現にルールがあるわけです。こちらに基本的なことがまとめてあったのでご紹介。

とほほの点字入門
http://www.tohoho-web.com/tenji.htm

ということで、学校で練習として点字を毎週打っているのですが、かなり細かい作業なのでかなり肩が凝ります。パソコンで手打ちでコーディングしているときのような感覚(って分かるかなあ)。そして30分くらいかけてできたのがこちら。

うむ、こうやってみると感無量です。脳トレの一環としてやるといいかもしれません。
個人的にはこの点字の授業は大好きで、或る程度生活の中でも読めたらいいなあと思っています。点字をうった高めのテンションで家のなかの点字をちょっと検証してみました。

これは皆さんが目にするビールや発泡酒などの飲み口に必ずついている点字。目が見えない方は缶ジュースなのか、ビールなのかが判断できないため、ビールなどのアルコール類の缶には必ずついているとのこと。なんて書いてあるかというと「おさけ」です。基本的には「おさけ」で統一されているそうですが、キリンのビールについては「きりん」と書かれていることがあったそうです。(今はどうかは不明です。)

こちらは洗濯機。ボタンそれぞれに点字があります。「でんげん」「すいい」とほぼ表記されているのと同じものが書かれています。

そしてこちらは電子レンジの下部にある点字なのですが、なぜか「すた」とかいています。「すた」って何??と一瞬思いましたが、「した」と書きたかったのではないかと推測。先生の話しによると、いろいろな所に点字はありますが、結構間違っていることが多いそうです。公共施設とかにあるものなんか、間違いだらけみたいですよ。そんな話しを聞いていたので、家電の点字にも間違いがあるのはしょうがないのかもしれません。こういう間違いをみると、体面的に点字をつけているんじゃないかとちょっと疑います。分かる人が少ないからといって、せっかくつけるのであれば確認しましょうよ。と思ったのでした。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【学生生活】通学路に咲く花。

学校生活もなれてきて、毎日フルで授業が入る日々。でも仕事をしているよりは時間も短いし、新しいことを学べるので楽しいですね。

ところで、そんな学生生活を初めて歩く距離が俄然多くなりました。毎日のワンコの散歩ですでに「3000歩」なのに、学校から駅までの距離が徒歩20分強。歩数に直すと往復「5000歩」前後。なので万歩計をつけるとなんだかんだいって、1日平均「10000歩」歩いています。ということで、勝手に健康的になっております。

そんな通学路で見つけたお花。この花、なんていう名前なんだろう。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する