【メモ】twitterアカウントが突然凍結!復活までの手順をまとめてみた。

twitterを初めて約5年くらいでしょうか、基本的には食べ物の写真をアップしたり犬の写真をアップするなどとりとめの無い日常をつぶやいておりました。そんな平凡なtwitterユーザーのアカウントが先日突然凍結されました!朝起きたらツイートできないことに気づき、サイトにいってみるとヘッダの所に「あなたのアカウントは凍結されています」のメッセージが。

twitter凍結画面

詳しくはのリンクを押して確認してみることにしました。ヘルプページにはいろいろと禁止事項などが書かれておりますが、全く心当たりはありません。このごろ流行のハッキングや乗っ取りもされていない様子。理由が分からないので、とりあえず「凍結解除を申請するには」のこちらをクリック。

Twitterヘルプセンター   アカウントが凍結されました_

すると、問い合わせフォームが。必須で名前やメールアドレスをいれないと行けないようで、とりあえず善良なtwitter市民はいわれるままに入力してお問い合わせをしました。

Twitterヘルプセンター

問い合わせ後、twitterのサポートセンターより自動返信メールが届いておりました。なんだかまたいろいろと書いているんですが、やはり心当たりがない人はこのメールに返信する必要性があるようです。メールの上に「##- 返信メールでコメントを追加する際は、これより上に書いてください -##」と書いてありました。

問い合わせの返事メール

実は最初、自動返信がきた時点で問い合わせが完了していたと思っていて、2−3日何もせずに復活しないなあと思っておりました。よく読んでみると返信しないと何も起きないんですよね。この辺が一番分かりづらかったです。

「全く心当たりがないので、凍結解除をお願いします!」という返信をした次の日、アカウントは何事もなかったように復活。復活の際にtwitterからの連絡は特になく、結局凍結された理由は分からずじまい。ググってもその辺の情報は無い感じでした。

それにしてもtwitterアカウントが使えなくなると案外不便。日々の気軽なやり取りとかはやっぱりtwitterが使いやすいんですよね。あと凍結されちゃうとフォロワーさんとかが全く分からなくなるので、twitterのみのつながりの方と連絡ができなくなる可能性もあるわけで。このときサブ垢はあったほうがいいかなとちょっと実感した次第でありました。

とりあえず理由も分からず突然twitterアカウントを凍結された方、上記手順で対応すれば復活するようですので、ご参考までに。

「twitterfeed」を使って、更新したブログ記事を自動的にtwitterやFacebookに投稿させる。

ブログとtwitterをやっている人で、ブログを更新したら自動でtwitterにも投稿したいと思いますよね。そんなとき簡単に実現してくれるのが、twitterfeed(http://twitterfeed.com/)というサイトです。ブログなどのRSSを登録しておくと、更新されたら出力先に自動投稿するという優れものです。 “「twitterfeed」を使って、更新したブログ記事を自動的にtwitterやFacebookに投稿させる。” の続きを読む