【メモ】Google URL短縮API入門 と単純に短縮URLを発行する方法

googleさんが提供しているツールはあまりにも多すぎて、なかなか試しきれてないんですよね。ところが先日ドットインストールをみていると、Google関連でちょっと興味深いレッスン「Google URL短縮API入門」が。ちなみに短縮URLってかなりお世話になっていますが、自分で作ったり埋め込んだりしたことがないんですよね。何かサービスを作って拡散したりするときには必要そうなので、使い方の基本は押さえてみることにしました。

■Google URL短縮API入門
http://dotinstall.com/lessons/basic_google_url_api

簡単に説明すると、GoogleからAPIを取得して、それをPHPに埋め込む。そうするとURL Shortener APIで提供している機能が使えるようになります。

レッスンで作ったページ:http://www.lua-branca.net/test/basic_google_url_api/
上記の短縮URL:http://goo.gl/MP5b6
(クリックするとレッスンでつくったページにとびます。)

このクリック数などのログページがあるんですが、参考までに画面を張っておきます。

urlshoter_admin

このサービスのよいところは短縮をクリックしたアクセスログがGoogle Analyticsと連動して、簡単なログ解析がわかること。そして解析ページにはQRコードもついている!販促などで拡散させたいときに、印刷物にもQRが使えるし、そしてログも解析できるのがすごく実用的。あまり予算のない小規模な会社さんでもやり方によっては気軽に使えると思います。

もちろん単純に短縮URLを生成して、QRコードやログ解析ページを利用することもできます。

■Google URL Shortener
http://goo.gl/

単純にどれだけこのURLをふんで来てくれたのかとか、QRを告知媒体につけて、どこからどれだけ来たとか計測したいときに気軽に使えそうです。 こういうサービスを覚えておくといろいろ便利かもしれません。

<関連ページ>
Google Developersの「URL Shortener API」のページ
https://developers.google.com/url-shortener/v1/getting_started

Google apis(APIを発行するページ)
https://code.google.com/apis/console/

簡単にイラストのパスを作成してくれる「vector magic」

時々Webサイトにしかイメージがないから、これを使って名刺つくってというような依頼を受けることはありませんか?例えばロゴデータだと、イラレでトレースをして、、という作業が発生してちょっと大変。

この少し面倒な作業をオンラインでさくっと解決してくれるのが、「vector magic」というサイト。トレースをしたいイメージをこのサイトにアップロードするだけ。

Vector magic トップ

OnlineのUploadボタンを押して、希望する画像をアップ。あとは画面の指示に従って、最終画面にきたらダウンロード。かなり精度はいいですね。

vector magic 編集画面

ちなみに、イラストだけではなく写真もやってみました。

黒犬

パズルのようにトレースされました!写真をイラストっぽくする時も使えそうですね。

ちなみにオンライン上で無料でトレースできるのは2点までのようです。それ以上になると $7.95/月かかります。すごく便利なんですけどね、、頻繁には使わないので使うようになったら考えよう。

vector magichttp://vectormagic.com/