4/5(火)設計思考で書く「2011年型Webライティング」のワークショプに参加してきた。

OpenCU2年ぶりくらいにWebのお仕事を再開しているんですが、とりあえずスキルを磨くために「Webライティング」のイベントに参加してきました。

以前は「ラインティグ」って苦手意識があったのですが、実はそれを少しでも払拭するためにこの「ブログ」を始めた訳です。

今ではそんなに苦手意識はないんですが、自己流で好きなように書いていたので、世間一般のスキルを知りたいと思っていた矢先にtwitterでこのセミナーを知り、速攻申し込みました。

設計思考で書く「2011年型Webライティング」のイベント紹介ページでは http://www.opencu.com/events/she-ji-si-kao-shu-2011nian

「文才」と「経験則」からの脱出!

ブログやソーシャルメディアの盛り上がりを背景に、Web制作やサイト運営において、テキストの役割が再評価されています。

しかしながら、「どう書けばいいの?」「紙とどう違う?」「誰に頼んだらいいんだ?」「クオリティの担保が難しい」「おれ、文才無いしなあ…」と、
企業のWeb更新担当者、ライター、Webディレクター…各レイヤーに明確な答えや体系的な理論がないまま、現在に至っている…というのが現状です。

そこで、今回は日夜、魅力的なテキストを配信し続けるWebメディア「ライフハッカー」と、紙、Web、イベントと、横断的にテキスト表現を展開するコピーライター事務所「Rockaku」とがコラボレーション。「2011年型Webライティング」を体系化し、そのノウハウをシェアするセミナーを開催します。

最初はちょっと大げさな表現にみえたのですが、結論からいうと分かりやすくポイントを説明してくれてとってもためになりました!

なので忘れないうちにポイントをメモしておきます。

◎<設計思考で書こう>「文才」と「経験則」からの脱出!

  • 文章をかく仕事に必要なのは「文才」や「センス」や「経験」ではなく、文章の構造を理解して「設計する力」があれば大丈夫!
  • 「設計力」とは人に伝わる表現方法のこと。
  • 特にWebライティングでは検索から読まれるテキスト、テキストを経由してアクションする導線、情報のシェアのされ方を理解して言葉を組み立てる必要性がある。

◎<WorkShop:レシピライティング>カレーのレシピから学ぶ情報整理と文構造

  • カレーを言葉で表現するために、カレーのレシピを使って言葉を分解。
  • 材料、調味料、手順など必要な言葉や行動を分解して、分類して並べると不思議と分かりやすいものになるというのを実践!

◎<15文字の設計>全ては「見出し=トピックス」につながっている

  • 見出しに使う単語は具体性が高いほど伝達力が増す。
  • 見出しとは本文のラベル。具体的なキーワードを配置するだけでOK。
  • 数字はインパクト有るので、印象的な数字をいれるとよい。
  • 言葉の組み合わせを有り得ないものにするとインパクトが高い。
  • 見出しのテクニックすべては、本文を読んでもらうための工夫。

◎<Webネーミング>設計思考で発想・評価する名前の付け方

  • ネーミングの成功とは「流通と定着」である。
  • ネーミングを評価する要素は、「サウンド(いいやすさ、ききやすさ)」「コンセプト(意味が伝わるか)」「フォルム(グラフィックにしたときの美しさ)」
  • ネーミングするときのポイントとして「表記の揺れをさける。」「モバイルやガジェットでも入力しやすく。」「略されることを設計にいれる。」

◎<言霊と略語>~Webにおける言葉の流通

  • 言霊と略語とは言葉の「歴史の総量(キャリア)」で決まる。
  • 「ファミリーコンピュータ」⇒「ファミコン」、「スーパーファミコン」⇒「スーファミ」すでにコンピュータの要素はどこにも無し。でも通じる。

◎ピクセルリーディング アンダー300ライティングのすすめ

  • 300文字以下でまとめると、案外読みやすい
  • やり方は「300文字の制限を設定する」「伝えるべき単語を選ぶ」「Webの情報構造と対比させながら組み立てる。」

ライティングセミナーに参加なう。

参加されていない方でもUstのアーカイブがあるので、ご興味があれば是非ご覧ください。かなり勉強になりますよ!

設計思考で書く「2011年型Webライティング」のUst放送アーカイブ
http://www.lifehacker.jp/2011/04/110405rokkaku.html


【一新塾】小さな島の挑戦:隠岐国海士町の町長さんのお話

今通っている一新塾の講義で、1/22(水)に島根県海士町の町長、山内道雄さんのお話を聞かせていただきました。あまり予備知識なくいったのですが、島でやってこられたことについて概要をお聞きすることができ、地方自治体特に離島の状況がどれだけ深刻で、それをどうやって解決してきた(今も進行形)か、概要が理解できとても有意義な時間を過ごすことができました。

その後、興味があったので、著書の「離島初 生き残るための10の戦略」という本で復習をさせていただきました。

離島発 生き残るための10の戦略 (生活人新書)
離島発 生き残るための10の戦略 (生活人新書)
山内 道雄

町長さんのお名前は、山内道雄さん。先日、1/28の日経新聞にも掲載されていましたが「第3回にっけい子育て大賞(2008)」で自治体部門として島根県海士町が受賞されており、着実に生き残るための戦略が認められている最中のようです。

そもそもこの山内町長さんは、島出身ではあったが昔から代々住んでいる家系ではなく、また就職のために本土(島からみた日本の呼び方)でNTTに就職し、NTTが民営化した時を経験している方だそうです。両親の介護のため、島に戻ってきたのですが、代々島に住んでいないということから島では「そのもの」扱いをずっと受けていたそうです。

そんな中、島の今後を真剣に考える有力者の方に「町長に出馬してくれ」という言葉がきっかけで、本人は「よそもの」だから無理だと思っていたらしいのですが、有力者の方の熱意にうたれてその申し出を引き受け、出馬し当選されたということでした。

その背景にあったのが「超過疎化・超少子高齢化・超財政悪化」からくる「島が消える!」という危機感でした。H15年の市町村大合併の中、島の場合合併してもメリットがないということから、「自立する覚悟」を選択。その後、地方交付税の大幅削減で、島の存続が危うい事態に直面し、H18年に「赤字団体」へH20年には確実に「財政再建団体」になることを予想。本当に後がない状況で、町長は生き残るための戦略を打ち立て、H16年から「海士町自立促進プラン」で「1.守りの行政改革」、「2.攻めの新規産業創出推進」を軸に10の戦略を実践していくのでした。

お話も本もほぼストーリーは一緒で、「プロジェクトX」を彷彿させるような内容でした。

「1.守りの行政改革」ではコスト意識があまりない、町職員の人件費カットから慣行。全国でも最低の賃金水準(ラスパイレス指数72.4)ご自分でもおっしゃっていたけど、経営者として一番ダメなやり方だったけど、自分たちの身を削らないと本気度が伝わらないし、職員たちにもぬるま湯から抜けでてもらい、民間のように自分で考えて行動して勝ち取ってほしいという気持ちがあったとのことでした。

このカットした人件費は子育て支援の財源にあて、さっき書いた「日経子育て支援大賞」を受賞するまでの成果に至るわけでした。

これが守りの徹底した行政改革とすると、今度は「2.攻めの新規産業創出推進」です。海士町には、離島ということで様々な「ハンディキャップ」がありました。これを「アドバンテージ」へ変える施策を次々に実行するわけです。ハンディキャップは、やはり「流通問題」。海産物が豊富にとれるが、島の流通問題で新鮮なまま運ぶことができないが為に、安く買われていたものをどうにかならないかということでいくつか施策を考えるわけで。

地方っていいものがいっぱい眠っているのに、今までの慣習から「できない」「しょうがない」ということで考えることをあきらめて、それで自立できなくって、国にたよって、全く産業として「自立」できないのが問題でしょ。これじゃあ、自分で価格も決めることができないし、利益をだすことができないし、そのために地域が安定して裕福になることができない。

この概念を打ち破るべく、海士町町長は奮闘するわけで、まずは島をブランド化すべく、「さざえカレー」や「いわがき(春香)」「隠岐牛」など、すべて東京の消費者をターゲットに商品化をし、実績をあげていく。今までは地理の問題で島根か大阪という近場にもっていたものを、一番高く売れる、またブランドとして認識してもらえる「東京」で勝負できるものを作りあげたそうです。これがちゃんと実績をだしているんですよね。

あとは地方自治体では初めて「CAS(Cells Alive System)」という新鮮な海産物も細胞組織を壊すことなく凍結させることができるシステムを導入。4億円の投資をし、とにかく首都圏への販路拡大をしているそうです。その上、中国などの海外市場への輸出も始まっており、海外への拡大も狙えるとのこと。

この新しい産業は、外から来た人がきっかけでどんどん実現化していったようです。「島の人×よそもの」の交流で島の人も変わっていき、外から来た人も定住しやすく整備され、H20年につぶれるかもといわれていた自治体が、とても生き生きしているのが伝わってきます。

最後に町長もいっていましたが、「まだ発展段階、最終的な結果はまだ分からないが、これからもよいサイクルをまわしていき、最後尾から最先端へ、離島から日本を変えようじゃないかという気概でがんばっていきます。」と。

「島」という特有の環境もあると思うのですが、地方出身の自分にとってもいろいろと考えさせられることが多かったです。