【メモ】i-Japan戦略2015(案)って、どうなの?

6月30日に「IT戦略の今後の在り方に関する専門調査会(第9回)」というのが行われ、その資料が公開されています。日経新聞でも記事になっていたので、興味がありつつ資料未読。さっき何となく読んでみたけど、うーん、、っていう内容かも。

ここでは解説はしませんが、こちらのブログでポイントを詳しくまとめているので、こんなこと話されているっていうのを確認したい方はどうぞ。

i-Japan戦略2015(案)の公表について
http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2009/07/i-japan-76a7.html

個人的な感想をいうと、「家電とか自動車技術の延長線でITを考えていないか?」ということです。確かに今まで日本が得意だった分野だし、技術大国なんていう過去の栄光にだぶらせたいのは分かる、だけどITっていうのは「クローズ」じゃなくって「オープン」な世界。グローバルとかいっている割には、どうもクローズドな使い方に特化して議論されているって感じですね。だってセキュリティとかすっごく気にしているようだけど、それは技術を理解すればそんな心配は回避できる。(株なんかに近いかも。)

あと、『ITはあくまでも道具』なんだけど、「ITを入れてワークライフバランス」とか「医者不足の解消に効果あり」とかなんか勘違いしている感が。道具をいれたからって、根本的な原因はおそらく解消されない。道具を使いこなして初めて問題解決の後押しをしてくれるってだけのこと。

教育分野でも、「子どもたちの学習意欲や学力向上を支援するICTの活用の充実」などいっていますが、逆に学習意欲を向上させるのであれば、ITに頼らないほうが創造力がつくと思うんだけどなあ。

「政府:電子政府、国民の利便性の向上、国民との距離を縮めるツールにしたい。」
「医療:電子カルテ、遠隔医療、医師不足の解消、医師の教育(情報共有)として使いたい。」
「教育:子供の情報教育、教師の教育(情報ツール)として使いたい。」
「産業:地域活性化ツールとして使いたい。」

シンプルにいうとこんな感じかな。大枠は間違っていないが、これを実現するための具体的プロセスと、時間をどうするかのほうが問題ですよねえ。その辺は議論が少ないように思えます。

国が時間をかけているうちに、世の中の流れは変わって、いつまでたってもボーダレスにITを使いこなす「デジタルネイティブ」が先頭を走っていくのかな。やはり「ITは空気や水のように、国民が使えるようにする」とかいってる前に、「リアルに使いこなす」ほうが先ですよね。そんなに勉強しなくっても、ちょっと自分で調べればできるツールなのにね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【OB会】前会社の人との飲み会@新宿でぶたしゃぶ

前会社の人と不定期に集まって、近況を報告する飲み会が実施されます。前の会社はちょっと特殊で、優秀な人がいろんな分野から集まって、チームで仕事をしていたため、辞めた後でも「同士」みたいな感覚でとても仲がよいです。その上、みんなお酒が強い人ばっかり、、ときているので、そりゃ鍛えられます。

といいつつ、去年から平日の飲み会は極力遠慮していたのですが、今回は新宿ということもあり、黒犬に速攻ご飯をあげてから、新宿まで自転車で行き、遅れての参加となりました。
ブタしゃぶのお店(ブッタとシッタカブッタの次の記事かこれかい!)で、メンバーの1人がよく知っているとのこと。不況なのに、やっぱり新宿ということもあり、ほぼ満席。コースだったのですが、野菜とブタがメインであっさりヘルシーなメニュー構成。席もそれぞれ、仕切りがあってプライベートな空間が確保。女性をターゲットにした感じがちょっとしたなあ。でもメタボが気になるおじさまも向いているお店ですね。
そんな中で23時頃まで楽しく近況をかたりあったのでした。そういえば、勢いよくたべたので、食べ物の写真とっていなかった。。
最後に集合写真をとってもらい、新宿駅で解散と相成りました。写真はプライベート用として自分だけ公開にしておきマース。
OB会@新宿の集合写真その1

OB会@新宿の集合写真その2

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【メモ】隣人祭りにグッときた

日経の夕刊の「あすへの話題」という欄が結構好きで、そこで「隣人祭り」なるものを紹介していた。名前からしてすごいけど、内容が共感できるので忘れないようにメモ。どうもフランス発祥で、つい最近創立者のフランス人、アタナーズ・ペリファンさんが来日していたとのこと。日本支部もあるようなので、そちらのサイトから詳しくは抜粋。

隣人祭り:http://www.rinjinmatsuri.jp/main/index.php/matsuri
「隣人祭り」日本支部は、「隣人祭り」フランス本部<Fete des Voisins>から正式認可を得て、2008年6月に発足した非営利団体です。「隣人祭り」とは、同じ建物、同じ地域に暮らす人たち、働く人たちが、より良い人間関係を育むための「きっかけ」をつくる場。「隣人祭り」日本支部は、「隣人祭り」の企画提案・運営支援を通して、人と人のつながりを取り戻し、個々の暮らしやコミュニティを活性化する活動を支援します。また、地球温暖化防止をはじめとする環境問題に対しても、私たち自身の暮らしにかかわる「自分ごと」の問題として捉え、個人や地域におけるつながりのなかで、実践できるアクションを積極的に支援していきます。

個人的には、マンションの管理組合で初年度副理事長になり、そのときに理事長が不正を行い(積立金を使い込んでいた)、一連のごたごたをそのときの役員さんと一緒に解決したという経験がある。でも、それ以降やっぱりなかなかあう機会というか、それぞれの生活時間が別々で到底つながりは薄いので、昔ながらの助け合いとかもなかなか頼みづらいのが現実ですよね。

それでも私は黒犬を飼ってからというもの、近所の方々とは顔見知りにはなれたし、近所でのちょっとした「人と人のつながり」を体験できている方じゃないかな。
フランスのライフスタイルって、成熟期の日本も参考にすべき部分があるし、一緒のマンションじゃなくてもご近所さんとのつながりを取り戻すことで、少しでも安心できる世の中ができるのではないかなと思ったのでした。
<参考記事(個人用です)>
隣人祭り

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】ホンネで考えた女の人生設計だそうです。

表題に引かれて、こちらの本を読んでみた。

「お気楽生活」のお約束―ホンネで考えた女の人生設計
「お気楽生活」のお約束―ホンネで考えた女の人生設計
酒井 雅子

「おひとりさまの老後」もそうだけど、この世の中、独身女性にはあまり優しくない制度が多いような気がする。自立していくにはやっぱり、「今後どうしていくのか?」って真剣に考えて「自律」しないといけないと思う。
けれど、今の世の中の「男社会」にあわせて、男性の価値観で働くことは全くもって反対で、「仕事もするけど、心にゆとりを持ってはたらいて、老後も安心できるような人生設計」をさすがに真剣に考えないとということで、このごろこの辺の課題をいろいろ試行錯誤しています。
本題に戻ると、この本の作者は行き当たりばったりで、無名の会社に入ってがむしゃらに働いて、計画も何もあったもんじゃない、けれども今は起業して独立しているよっていうノンフィクションストーリー。
マンションも衝動買いしているところなんて、自分と一緒だと思いとても共感できるところが多く、楽しく読ませていただきました。
ただ、決定的に違うのは、行き当たりばったりで入った会社が、日本初の「ベンチャーキャピタル会社」。株とか上場とかよく分からないまま、現場で「お金回り」のことを勉強し、投資のプロになっているところ。やっぱり、お気楽といいつつ、「お金」のことがちゃーんと理解できない限り、「独身女性の本当にお気楽な人生」はやってこないんだなあ。。ということがよく分かった一冊でした。
どちらにしても、もともと努力もされている方だと思うし、本の内容も全く嫌みはないし、読後はとてもよい本ですよ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する