HNKの討論会番組「日本の、これから」を見学してきました。

先日の12月4日(金)、NHKの生放送での討論番組「日本の、これから-自殺3万人命をどう守るか」22時~23時30分(生放送)の番組見学にいってまいりました。この番組は一般市民から討論する人を選んで、1つの議題についてTV内で討論するという、硬派な番組。そして今回一新塾の同じPJだった人が参加するということで、応援もかねて番組見学をすることとなりました。

生放送なのですが、集合は20時。私はチャリで10分程度の距離なので余裕をもって到着。そういえば、渋谷行きのバスでは必ず通るのに、さすがにこういう機会がないとNHKの中になんか入れないですよね。そんなことを思いつつ、みんが集まったので控え室に誘導してもらいます。NHKの中の雰囲気といえば、ふるい作りの建物ということもあり、どっかの市役所みたいなお役所的な雰囲気。かなり広い施設で迷路のような作りになっています。

ちなみに廊下には「坂の上の雲」のポスターがずらり。いま一押しですものね、NHKさん。
迷路のような廊下を抜けて通された控え室は使っていないスタジオ。天井が高く、ライトがいっぱい、でもコンクリートづくりで寒々し印象。そこにパイプ椅子がいくつかおいてあり、見学者も含めそこで待機。ちょっとした飲み物とおにぎりなどの軽食も用意されていました。

今日の出演者(一般市民)が集まったところで、ディレクターから段取りの説明。巨漢の男性でなれた様子で説明していきます。その後、この番組のプロデューサーが今回の趣旨について説明。

今まで「いいか、わるいか」で討論できる内容のものが多かったが、今回「自殺」というテーマは「いいか、わるいか」という軸での討論はできない。事前にアンケートをとっても、2/3の人は「討論する必要がない、死ぬ人が悪い」など否定的な意見が多い。そんな中、今回はNHKとしてもチャレンジングな企画。集まってくださった皆さんもいろいろな思いがあると思いますが、素直にいいたいことを伝えてください。まずは「自殺」というテーマがオープンに議論できるようになればと考えています。

というようなきちんとNHK側の思いが告げられてとてもじーんときました。そうですよね、「自殺」とかその原因となる「うつ」などは世の中的にはまだまだタブー。だけど確実に社会問題として表面化しつつある、それを見ないフリをするだけでは解決せず、きちんと話し合って、討論しあうことがまずは大切ですよね。

各出演者の緊張も高まってきたところで、撮影スタジオへ移動。スタジオはセットもあり、カメラもあり、控え室よりかなり広い。イメージとしては体育館くらいあるかな。生放送なので、みんなバタバタして、ディレクターっぽい人がもう一回流れや注意事項を説明したり、カメラのテストをしたりと、こうやってるんだーというのが間近でみることができました。

そうこういっているうちに、5分前くらいになって、この日のゲストの人や例の福島瑞穂大臣などがスタジオ入り。そうしてあっという間に番組が始まりました。私は裏方でテレビ画面をみていましたが、黒い幕の向こう側でリアルにやっているかと思うとすっごく不思議な気分になりました。それにしても今回の番組内で一番関心したのが、三宅アナウンサーの「仕切り」です。本当に出演者との事前の打ち合わせなく、個人の意見をまんべんなくくみ上げて、そしてまとめて、次に進める。これこそプロの仕事。おそらくこの番組は「三宅アナウンサー」がいるからこそ成立しているんだろうな、、というのを痛感しました。

肝心な番組内容は、プロデューサーが懸念していたのとは打って変わって、それぞれの立場で問題点や改善点などの意見が次々あげられておりました。「タブー視」されていることは大概「情報不足による誤解」だったりします。その壁をすこしづつでも取り除くことで、前に進むことができるんだなあと思いました。

ということであっという間の1時間半、番組は無事時間内に終了。そしてあっという間に現場は撤収モードになったのでした。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【メンタルヘルス】うつについて考える

去年から今年にかけて、実は「うつ病」になっておりました。現在も病院からお薬をいただいている身分ですが、会社を復職したんですが結局退職することとなりました。ただ、復職というリハビリのおかげでかなり「心」自体は社会的に復活してきたようで、今では自分としてはかなり「心」が元気な状態まで戻ることができました。その上、4月からは介護福祉士の専門学校に通うことも決まり、久々に「わくわく感」を感じています。

で、実はうつになって休職期間中に「一新塾」というところに入りました。大前研一さんが設立し、その後はNPOとなり「社会起業家」「政策提言」をお勉強できるところです。そこのPJで「うつ円満社会をつくろう」というチームに所属し、自分も体験した「うつ」についてもう少し深く勉強してみて、解決策についても模索しようかなと考えています。

個人的な実感なのですが、職場関係、仕事関係で「うつ」が発生した場合、同じ職場、同じ種類の仕事に戻るのはかなり至難の技だなと。私の場合、復職したのですがその感想として、会社の考え方や周りの人が「どう扱ったらいいの?」という思いが見え隠れしていて、とても居心地が悪かったし、できる仕事ができなくなったというのがちょっと悲しかったですね。会社としても「うつになった人に任せていいの?」というのが気になるようで、どうにもこうにも「うつ」の人をどう扱ったらいいのか難しいところなんだなと思いました。逆の立場だったら、自分もそうしているだろうな。。

世の中的に、就業人口も減っている上に、働き盛りの30代40代がうつ病でちゃんと働けないという現状をもっと社会は理解すべきだと思います。「心の風邪」というふうにいわれていますが、それは表面的な理解。スキルがある人がうつ病になっても、やり方をきちんとすれば、普通に働けるわけですし、社会全体がが「人手不足だ」といいつつ、こういう病気になった人たちへをもっと上手にすればお互いハッピーでいい社会になるはず。

そうはいいつつ、自分もなるまで気持ちが分からなかった「うつ病」。今ではほぼ復活し、前に進める状態なのでもうちょいこの辺で苦しんでいる人たちのために何ができるか、考えてみようと思ってます。

ちなみに、最近読んだ本で「うつからの社会復帰ガイド」はうつの人より、会社の人事を担当している人に読んでもらいたい本です。「心の病から体が蝕まれていく」と私は思っているので、健康診断とセットで「心の健康診断」を必須にしてみるのもいいんじゃない?(お国の偉い方々、考えてみてくださいな。)

「うつ」からの社会復帰ガイド (岩波アクティブ新書)
「うつ」からの社会復帰ガイド (岩波アクティブ新書)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【一新塾】小さな島の挑戦:隠岐国海士町の町長さんのお話

今通っている一新塾の講義で、1/22(水)に島根県海士町の町長、山内道雄さんのお話を聞かせていただきました。あまり予備知識なくいったのですが、島でやってこられたことについて概要をお聞きすることができ、地方自治体特に離島の状況がどれだけ深刻で、それをどうやって解決してきた(今も進行形)か、概要が理解できとても有意義な時間を過ごすことができました。

その後、興味があったので、著書の「離島初 生き残るための10の戦略」という本で復習をさせていただきました。

離島発 生き残るための10の戦略 (生活人新書)
離島発 生き残るための10の戦略 (生活人新書)
山内 道雄

町長さんのお名前は、山内道雄さん。先日、1/28の日経新聞にも掲載されていましたが「第3回にっけい子育て大賞(2008)」で自治体部門として島根県海士町が受賞されており、着実に生き残るための戦略が認められている最中のようです。

そもそもこの山内町長さんは、島出身ではあったが昔から代々住んでいる家系ではなく、また就職のために本土(島からみた日本の呼び方)でNTTに就職し、NTTが民営化した時を経験している方だそうです。両親の介護のため、島に戻ってきたのですが、代々島に住んでいないということから島では「そのもの」扱いをずっと受けていたそうです。

そんな中、島の今後を真剣に考える有力者の方に「町長に出馬してくれ」という言葉がきっかけで、本人は「よそもの」だから無理だと思っていたらしいのですが、有力者の方の熱意にうたれてその申し出を引き受け、出馬し当選されたということでした。

その背景にあったのが「超過疎化・超少子高齢化・超財政悪化」からくる「島が消える!」という危機感でした。H15年の市町村大合併の中、島の場合合併してもメリットがないということから、「自立する覚悟」を選択。その後、地方交付税の大幅削減で、島の存続が危うい事態に直面し、H18年に「赤字団体」へH20年には確実に「財政再建団体」になることを予想。本当に後がない状況で、町長は生き残るための戦略を打ち立て、H16年から「海士町自立促進プラン」で「1.守りの行政改革」、「2.攻めの新規産業創出推進」を軸に10の戦略を実践していくのでした。

お話も本もほぼストーリーは一緒で、「プロジェクトX」を彷彿させるような内容でした。

「1.守りの行政改革」ではコスト意識があまりない、町職員の人件費カットから慣行。全国でも最低の賃金水準(ラスパイレス指数72.4)ご自分でもおっしゃっていたけど、経営者として一番ダメなやり方だったけど、自分たちの身を削らないと本気度が伝わらないし、職員たちにもぬるま湯から抜けでてもらい、民間のように自分で考えて行動して勝ち取ってほしいという気持ちがあったとのことでした。

このカットした人件費は子育て支援の財源にあて、さっき書いた「日経子育て支援大賞」を受賞するまでの成果に至るわけでした。

これが守りの徹底した行政改革とすると、今度は「2.攻めの新規産業創出推進」です。海士町には、離島ということで様々な「ハンディキャップ」がありました。これを「アドバンテージ」へ変える施策を次々に実行するわけです。ハンディキャップは、やはり「流通問題」。海産物が豊富にとれるが、島の流通問題で新鮮なまま運ぶことができないが為に、安く買われていたものをどうにかならないかということでいくつか施策を考えるわけで。

地方っていいものがいっぱい眠っているのに、今までの慣習から「できない」「しょうがない」ということで考えることをあきらめて、それで自立できなくって、国にたよって、全く産業として「自立」できないのが問題でしょ。これじゃあ、自分で価格も決めることができないし、利益をだすことができないし、そのために地域が安定して裕福になることができない。

この概念を打ち破るべく、海士町町長は奮闘するわけで、まずは島をブランド化すべく、「さざえカレー」や「いわがき(春香)」「隠岐牛」など、すべて東京の消費者をターゲットに商品化をし、実績をあげていく。今までは地理の問題で島根か大阪という近場にもっていたものを、一番高く売れる、またブランドとして認識してもらえる「東京」で勝負できるものを作りあげたそうです。これがちゃんと実績をだしているんですよね。

あとは地方自治体では初めて「CAS(Cells Alive System)」という新鮮な海産物も細胞組織を壊すことなく凍結させることができるシステムを導入。4億円の投資をし、とにかく首都圏への販路拡大をしているそうです。その上、中国などの海外市場への輸出も始まっており、海外への拡大も狙えるとのこと。

この新しい産業は、外から来た人がきっかけでどんどん実現化していったようです。「島の人×よそもの」の交流で島の人も変わっていき、外から来た人も定住しやすく整備され、H20年につぶれるかもといわれていた自治体が、とても生き生きしているのが伝わってきます。

最後に町長もいっていましたが、「まだ発展段階、最終的な結果はまだ分からないが、これからもよいサイクルをまわしていき、最後尾から最先端へ、離島から日本を変えようじゃないかという気概でがんばっていきます。」と。

「島」という特有の環境もあると思うのですが、地方出身の自分にとってもいろいろと考えさせられることが多かったです。

【読書】エネルギー危機からの脱出 環境問題を考える:その2

先日も紹介した、枝廣淳子さんの最新著書「エネルギー危機からの脱出」を読んで、環境について考えてみる。

エネルギー危機からの脱出 最新データと成功事例で探る“幸せ最大、エネ
エネルギー危機からの脱出 最新データと成功事例で探る“幸せ最大、エネ
枝廣 淳子

この本は2008年5月に発行されており、アルゴアの本を翻訳してから独自でエネルギーに関するデータを集め、あまりピンとこない人にも具体的に分かりやすいようにまとめてある。講義のときもそうでしたが、ゆっくりした口調でしたが、データを説明しながら、ピークオイルの話や代替エネルギーの話、世界の事例や私たちがすべきことがまとめてあります。
この本には掲載されていなかったと思うんだけど、「一新塾」の講義では『トリプルリスクの時代』だとおっしゃっていました。
トリプルリスクとは
・エネルギー
・温暖化
・食糧問題
の3つが相互に関係しており、各国では世界の覇権をになうための「トリプルチャンス」ともとらえていると。
例えば「ピークオイル」については日本ではあまり報道されていないけど、ヨーロッパでは企業が盛んに議論しているとのこと。実は、多くの原油国では2006年時点ではすでに「ピークオイル」を迎えており、どんどん減少しているしているらしい。要はもう今まで通りに質のよい石油は残っておらず、エネルギー回収率が悪いものばかり。となると、代替エネルギーということで、バイオやら天然ガスということもあるが、バイオエネルギーは石油に比べ回収率が悪いので、食糧にしたほうがいいし、天然ガスにもピークがあって2010年ごろといわれており、到底石油のかわりにはなり得ない。
つい最近、ロシアがウクライナ経由の天然ガスを停止した問題が記憶に新しいが、これはヨーロッパがロシアにエネルギーを依存しており、それを外交カードとして使われた分かりやすい例だと思う。
ヨーロッパ各国がエネルギー問題に真剣に取り組んでいるのは、戦略的に他国(特にロシア)のいいなりにならなくてもいいように、またエネルギーは残っていないのは分かっているから、自国でまかなえる方法を国をあげて、ルールをつくって、国民を巻き込んで実施している。
それに比べ日本は、「エネルギー?足りなければ買えばいいんじゃない?」くらいの危機感で、戦略はまったくなく温暖化の表面的なことしか考えられない。ちなみに日本のエネルギー自給率はたった4%。1日23時間は輸入エネルギーに頼っている。すでにピークオイルをすぎている時点で、今後いくらお金をだしてもにエネルギーを買うことができなくなり、2015年以降は世界のエネルギーは割当式になるかもしれないということでした。
じゃあ、話を戻して日本では「京都議定書」で2012年までCo2をマイナス6%減らしますよと宣言していますね。でも2008年の時点で実は8%もCo2は増えているとのこと。もしこの「京都議定書」を守れなかった場合、ほかの国から購入して相殺するわけですが、例えば1トン50ユーロと仮定して、2012年の時点で5%購入するのであれば約2兆円、10%なら約5兆円を日本政府が出費するわけですよ。
今の政府の様子からみても環境問題はあとまわし(そもそも政治家がピンときていない)、国民や企業は「エコ」といいつつも現実の関係性と数値が分からない。単なる「いいことしてるぞ。こだわってるぞ。」という感覚のみ。ヨーロッパのような緊迫感もなし。
ちなみに現状は「人間が出すCO2(72億トン)>地球が吸収できる量(31億トン)」実に地球が1.5個ないとつじつまがあわないところまできている。じゃあ、「温暖化防止のゴールはなに?」ってなると「地球全体で60%(先進国では70〜80%)のCO2を削減する」ということになるそうです。
アメリカの新大統領のオバマ氏もこの問題はきちんと考えていて、2050年までに何をするかビジョンをねっているらしい。まあ、外交にもかなり影響する話なので、この辺の動きはとても注目したいところです。
日本の場合は、政治は当てにならないので、国に頼らない地域レベルでのモデルを地道に進めることと、個人では「何のために生きているのか」問い直してできることから始めるしかないんだなというのか、私たちレベルでの話しになるのかな。個人的にはもう少し考えてみたい問題の1つとしてリストアップしようと思います。
枝廣淳子さんの会社のサイト(環境に関する最新情報をみることができます。)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】不都合な真実 環境問題を考える:その1

先日、「一新塾」にて環境に関して枝廣淳子さんの講義でちょっと環境について勉強してみた。先生がまず翻訳したアル・ゴアの「不都合な真実」を読んでみました。(いまさらながらなのですが。)
最初は写真とデータにていかに地球があらゆる「変化」が起きているか分かりやすく掲載されている。だいたいが20年前と2000年代との写真だか、北極から南極、アマゾンの緑など明らかに「消失」しているのが分かる。
またここ10年〜20年の間での、平均気温やCO2の急上昇グラフや北極氷の厚さの推移など、急激に変化しているデータもグラフで図示されている。
それを示した上で、これからどうすべきかがいろいろ書いてあるといった流れでした。その間にちょいちょい自分の家族の歴史などをいれて、自分がどうして「環境問題」を研究するようになったかなどのきっかけもかいてあり、さすがプレゼン上手なゴアさんという構成になっていました。
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア

ちなみに最後のほうにでてくるのですが、表題はこの一文からとったようです。
気候の危機に関する真実は、自分たちの暮らし方を変えなくてはならないという、「不都合な真実」なのである。

理由1:個人としてこの真実を理解しつつも、自分たちの暮らし方を変えなくてはならない。
理由2:企業や一部の力の強い人々(ブッシュとか)にとってとても不都合で、いままで儲けていた方法や活動を変えなくてはならない。

結局は、政治問題であり、政治でしか変えられない。
→これは同感。個人の意識も大切だけど、対策を実行するためには国同士の外交が必要になりますよね。
証拠が充分ないから、今まで政治では認められず(というか圧力があって公表しなかったというのが事実か)、アメリカではたばこ問題の時と同じ流れになっているようだ。
特に、アルゴアさんはお姉さんをタバコが原因の肺がんでなくしており、「なんで政府はもっとはやくタバコの害について認めなかったんだ!」という想いがつよく、「環境については全世界の命がかかっているので、アメリカから変えてやる、負けないぞ!」という強い意志を感じる。(ちょっとこの辺はアメリカ人らしいリーダーシップの発揮のしかたですが。。)
「地球温暖化」の環境問題についてはデータをコツコツ集め、現地におもむき、科学者に根拠をとってもらい、本人が世界中をまわって事実を伝えている。
アメリカ自体(あとオーストラリアね)京都議定書に批准していないが、アメリカの都市レベルで独自に「批准」して行動をおこしているのもおもしろい事実である。
あと、つい最近まで環境といえば「オゾン層」の話がでていたけど、これはアメリカが「やるぞ!」といってリーダーシップをとり、各国協調し着々と危機解決に向っているそうです。なので、今回の「温暖化問題」もこれを見習ってやっていこうよ!という例もだしている。
アメリカは人口は5%だが、温室効果ガスは実に世界全体の25%をだしている。まずは個人レベルでこの数値を下げるために、できることがかいてあったので参考までに。
■自宅の省エネを進めよう
・省エネ型の証明を選ぼう→白熱電球は結構でんきを食うらしい。
・新しく購入する時は省エネ型の電気製品を選ぼう。→日本製はこの辺は優秀だよね。
・電気製品はきちんとつかい、メンテナンスをしよう。
・冷暖房の効率をあげよう。
・家屋を断熱しよう。
・自宅の省エネ診断を受けよう。
・お湯を節約しよう。
・無駄な待機電力を減らそう。
・自宅の書斎の省エネをはかろう。
・グリーン電力に切り替えよう。
■移動時の排出量を減らそう
・可能な場合は、歩いたり、自転車に乗ったり、自動車に乗る際には1人ではなく何人かで乗る。あとは公共交通機関を利用することで、走行距離を減らそう。
・賢く運転しよう。
・次に買うときはもっと燃費のよい自動車を買おう。(ハイブリッド車、代替燃料、燃料電池自動車)
・在宅勤務をしよう。→IT系はまさにできるけど、会社があまり認めない傾向があるね。
・飛行機での移動を減らそう。
■消費量を減らし、もっと節約しよう。
・消費量を減らそう。→衣食住でほんとに必要なものだけ買うべき。(このごろはレンタルが流行ってるみたい)
・長持ちするものを買おう。
・「プレ・サイクル」買う前にゴミを減らそう。→MYバックだけではなく、包装の簡易化など。
・リサイクルしよう。
・買い物には「MYバック」を。
・生ゴミは堆肥にしよう。
・水などの飲み物は、「MYボトル」をもちあるこう。
・食生活を変えて、肉の摂取量を減らそう。→特にアメリカ人はという意味。
・地場産のものを買おう。→フードマイレージと食の安全

【読書】大前研一訳の「ハイコンセプト」もやっと読んでみた。

本としては以前から知っていたのですが、「大前研一」という名前を聞いただけで何かこう、別の世界の人という感じであえて後回しにしていた本。一新塾というところに入って、参考図書ということで今回重い腰をあげて読んでみました。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク

なんか、表題が悪いのか、「富を約束する」なんて書いてあるからなんとなくよくないんだと思う。(というかお金を儲けたい人が読む本というイメージ。。)
でも内容は翻訳本なので、大前さんの考えというより、ピンクダニエルさんがこう思うということで、今の時代ロジカルシンキングの「左脳」だけでなく、「右脳」も一緒に鍛えないと生き残れないよ、というメッセージがかいております。
確かに、MBAをとっても、弁護士になっても、みんながみんな高収入か?といわれても、アメリカを見る限りでは希少価値はあまりなく、ピンきりになっていますよね。「理屈」[数字」だけではダメ、ビジネスにも「心」という部分が必要だということらしい。普通は分かっているけど、会社にいると忘れがちなこの「心」の価値。この辺を「6つのセンス」として提唱しています。

    1. 「機能」だけでなく「デザイン」
    2. 「議論」よりは「物語」
    3. 「個別」よりも「全体の調和(シンフォニー)」
    4. 「議論」だけでなく「共感」
    5. 「まじめ」だけでなく「遊び心」
    6. 「モノ」よりも「生きがい」
これだけだと、勝手に言葉だけのイメージで誤解するので、興味があれば読んでみたほうがいいと思う。ここでいいたかったのは、「まじめ」だけでなく「遊び心」の章で「ラフターヨガ」がでてきたこと。ラフターヨガの発案者のカタリヤ医師のところまでいって、実際にこの作者は体験し、「最初はウソ笑いだったのに、だんだんとおかしくなって最後には楽しく笑っていた」という感想を述べている。また、カタリヤ医師は今後はストレスがたまっている「職場」必要ともいっているそうです。
個人的に「ラフターヨガ」に興味をもって、「ラフターヨガ・ティーチャー」の研修も受けさせてもらい、この「ラフターヨガ」の効果についてはとっても実感していたので、ビジネス書でこういう説明されていてちょっとうれしかったです。
やっと日本でもメディアに取り上げられるようになって、昨日は「おもいっきりいいてれび」の生放送にもでていたようです。雑誌にも取り上げつつあるので、ブレイクの兆しか?というところでしょうか。
それにしても、カタリヤ医師のいるインドのムンバイの事件、大丈夫なんでしょうか?

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する