【Book】イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」(安宅和人)

久々に読書メモ。生産性が高い人は何が違うのか?そこから何を参考にすべきか?をノウハウというよりは考え方をキチンと伝えてくれている本。分かりやすくいうと「段取り上手は何が違うの?」と言い換えてもいいのかも。ビジネス本は数多くあるけど、どちらかというとそれはパーツごとのテクニックの説明書なので、こういう根本的な考え方を知るにはとても参考になると思う。

[amazon_link id=”4862760856″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」[/amazon_link]

冒頭に「イシューからはじめる」という考え方は何かというのが書かれている。

  • 「問題を解く」より「問題を見極める」
  • 「解の質を上げる」より「イシューの質を上げる」
  • 「知れば知るほど知恵が湧く」より「知りすぎるとバカになる」
  • 「1つひとつを速くやる」より「やることを削る」
  • 「数字のケタ数にこだわる」より「答えが出せるかにこだわる」

これはすべて限られた時間で「バリューのある仕事」をするための考え方のポイントである。

それじゃあ、「バリューのある仕事」とは?となると

「イシュー度(自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ)」×「解の質(そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い)」

が高いものが「バリューのある仕事」として定義されている。

時間や数打ちゃ当たるてきな仕事をしても軸は高くなるが、「犬の道」に踏み入れてしまう。労力が多くて結果があまり出ない状態ですね。まあ、世の中ある程度生きてくると分かるのですが、多くの問題があるように見えてそれを全部どうにかしようとすると大変になるし、そんなに重要じゃなかったりする。

最初に多くの問題から「どれに答えを出せばいいのか?」必要な問題を見極めるほうが大事。問題は「むやみに解く」のではなく、必要性があるものだけまずは「見極める」ほうがとても大事なのである。

問題(イシュー)の3条件も定義されています。

  • 本質的な選択肢である
  • 深い仮説がある
  • 答えを出せる

シンプルだけど実際の仕事で導入しようとすると、案外冷静に判断できすに慌ててしまうことも多いはず。とにもかくにも日々の仕事の問題解決においては、結局目指すべき「ゴール」があり、それを見失って目先のことだけやっていると、あまり生産性はあがりませんよね。

個人的にはこの本を読む前に、ある程度経験からこの「問題解決の仕方」を実践できるようになったタイプなので、理論としてかなり頷ける部分が多かったです。

犬の道は歩くな!と書いてありますが、これはある程度苦労した後に会得できるもののようにも思えます。苦労していてもしていなくても、最終的にはノウハウに頼らず「自分の頭で考える」て解決するという癖が大事なような気がする。そうはいってもこういう本を事前に読んでおくことによって気づきは早くなると思いますので、気になる方は読んでみるといいかも。あなたもこれで段取り上手?!

【Book】 あなたの犬は幸せですか

帰省の新幹線の中で読んじゃいました。タイトルにインパクトがあって、常々「黒犬は幸せなのかな?」と思っていた疑問を少し解決してくれたように思えます。

[amazon_link id=”4062137291″ target=”_blank” locale=”JP” ]あなたの犬は幸せですか[/amazon_link]
簡単にまとめちゃうと、この本のメッセージは、「犬は犬のルールがある。それを知らないで人間のルールで飼うと犬は不幸になる。」ということにつきます。

ワンコを人間の子供のように扱うことは、飼い主が幸せでも犬にとっては幸せとはいえない。犬は従うべきリーダーを求めていて、リーダーと判断する材料はエネルギーの大きさである。人間が何も話しかけなくても、どっしりとして頼れるオーラを出すだけでワンコは瞬時に感じ取って判断できる。おやつをあげたり、優しい声で話しかけることが犬が安心することではない、、という、けっこう目からうろこが落ちる内容でした。

確かに、犬って動物だし、生きるか死ぬか野生のカンでちゃんと生きているわけだから、そういう犬の性質を正しく理解することは大切だと思う。この本のよいところはマニュアルっぽくないこと。じゃあ、リーダーになるには、「クレオパトラのように落ち着いて威厳をもって歩く。」というようなたとえをしているところがなかなかよかった。

私も黒犬に対して、リーダーとしてちょっと足りないところがあった気がするし、そのために自分がリーダーとしてがんばらないとと思わせるところもあったような気がする。。この本を読んでからは、黒犬にとって頼れるリーダーになろう!と決めたのでした。

犬との関係はノウハウやテクニックではなく、相手の性質を理解して正しいアプローチをするということを学ぶよいきっかけとなる本でした。ワンコを飼おうとしている方、飼っている方もオススメでございます。

【Book】ワークライフバランス 考え方と導入法


図書館から返却の催促がきているので、簡単に内容をメモしておきます。

「ワークライフバランス」というよりは、「ワークライフハーモニー」
仕事以外の場を大切にすることによって、仕事も短時間で成果をあげることができるようになる。

「ワークライフバランス」=(「ファミリーフレンドリー」×「男女均等推進」)+「働き方の見直し」
この筆者が考える「ワークライフバランス」の定義として、子育て支援の色合いが強い「ファミリー・フレンドリー」に、女性差別撤廃という意味を含む「男女均等推進」を掛け合わせて。それらの取り組みの実効性を確保する「働き方の見直し」をくわえたもの とのこと。

仕事で成果を挙げる為に「働き方の柔軟性を追求する」というのが、ワークライフバランスの核心だろうともいっている。

その他には他国の実施状況、日本での実施状況、大企業での導入事例が掲載されている。

この筆者が企業向けのコンサルをしているので、大企業の事例をあげて述べるのは分かるが、個人的には「ワークライフバランス」って個人のものだと思う。日本の場合、企業や国が先導して制度をつくって、少子化対策&人材不足対策と銘打って行っているが、個人レベルで考えるとなかなか身近に感じない。

「少子化対策=ワークライフバランス」って、、なんか1元的に物事をとらえていて、問題の本質をもっと分析きて、解決方法を見いださなければ行けないんじゃないかなと。

この本は、日本における「ワークライフバランス」って大企業や国がこんなことをいっているよ、、ということを理解する上ではいいが、これを読んで自分たちでどうしたらいいか考えるのが必要そうです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】私の赤くて柔らかな部分 平田俊子

この本は日経の半歩遅れの読書という記事をみて、なんとなく借りた本。平田さんという方の本は初めて読んだけど、書評どおり「言葉の魔術師」というだけありさくさく心に入ってくる。おそらく、男性より女性の方が共感しやすい作家さんなのかなと。

[amazon_link id=”4048739719″ target=”_blank” locale=”JP” ]私の赤くて柔らかな部分[/amazon_link]

[amazon_link id=”4048739719″ target=”_blank” locale=”JP” ]私の赤くて柔らかな部分[/amazon_link]

前置きはこれくらいにして、ストーリーは喪失感をもった30代独身女性がふらりと知らない街に住み着いて、心の整理をするお話。ここでの喪失感は失恋と上司の死というダブルパンチで、数ヶ月仕事もできず引きこもっている主人公が、上司のお別れ会に参加するところから始まる。

渋谷と表参道の間の会場に行くまでに、別れた相手を思い出しつつ、それと重ね合わせて上司に対しても、信じられないという思いに占領されていく。お別れ会の会場に着いても、違和感と居場所のなさですぐに外にでてしまい、帰宅するために電車にのるが、かえりたくないという気持ちから電車に乗り続けて知らない街に着いてしまう。そこで、東京とはちがう時間の流れ、人々との交流などを通して、次の人生へのパワーを蓄えていくという感じでしょうか。

ストーリのほとんどが、過去の男との思い出や後悔などのどうどう巡りで、生きているけど会えない人への未練と、死んでしまったけどなんだか信じられなくて、会えそうな気がする上司との対比はなんかリアリティを感じてしまいます。

この別れた相手はダメダメ人間で、自分勝手の典型的な人。友人からもし相談を受けたら、冷静に「あきらめな」と確実にいえるのだが、これが当事者となると分かっていても。。。。ということなんだろうなあ。

30代独身女性の喪失感として、心の動きや立ち直り方に関しては、やけにこの主人公の気持ちに共感してしまいますね。なんだろう、若いときと違って次があるという希望より、失ったものに対する執着心のほうが勝っていて、なかなか断ち切れない、次ぎにいけない。だけど、時間は確実に過ぎていて、うまく立ち直れないと将来への不安もある。。どこか冷静だけど、感情に素直に対峙したいという無意識も働いているような気もする。

ということで、ちょっとあり得ないと思いつつ、知らない街に1ヶ月以上も滞在して、これらの心の葛藤を整理していく描写にとてもリアリティと共感することができたわけです。確かに働きながらとか、1週間旅行してっていうのは中途半端すぎる。数ヶ月という時間が次の人生へ歩き出せる時間なんじゃないのかな。

設定が似ているので共感ができたけど、これって男性が読むとどう感じるんだろう?おそらく感じ方が違うんだろうな。とにかく、映画なんかにするととってもいいものができそうな気がする、良い本でした。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【Book】この国を作り変えよう〜日本を再生させる10の提言〜

Voxの本のところにどうしても表示できないので、Amazonへの直リンクでとりあえずメモしておこう。

この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言(冨山和彦/松本大)

なんとなく図書館で出会った本でしたが、これが読んでみるとかなり鋭く日本の現状を論じていて、提言までセットでついています。近頃、選挙で政治が盛り上がっていますが、ほんとはこれからどうするか?っていうのが大事なはず。政策、政策といっていますが、今の政治家は現状を分析して、将来の日本にとって何が大事かという部分が本当に分かっているがちょっと疑問。

私もそんなには詳しく分かりませんが、この本のいっていることは「うーん」と納得。今の政治が現状の問題解決しかみていないのであれば、この本は将来が持続するための問題解決法を提示しているような感じ。

本の目次ごとにお二方が交互にご自分の意見を提示しているのですが、とても分かりやすい。
全体的に「既得権」をもっている方々に退場いただき、若い人が中心となって将来の日本を設計することを前提として、政策が提言されています。確かに、老い先短く既得権を持っている人の将来はせいぜい数十年。その期間を逃げ切りたいと思っているわけですから、その先の将来を担う人たちのことはあまり頭にない、そのため今の日本がこんなになっちゃった、、というのはその通りだと思います。

選挙の結果をみても、高齢者の政治家は落選していますし、民主党の30−40代の政治家も増えているので、まさに今この本のいくつかの内容を試してみるのもいいんじゃないかなあ。とりあえず、この本に書いていた提言をメモして今後の日本の動向をみていきたいですね。

日本を若返らせる10の提言

  1.  20代の政治家・官僚・民間人による「未来の内閣」設置(政治システム)
    30年後に50代になる若者達で、自分たち未来のために具体的な国政問題にフォーカスした政策シンクタンク設置する。
    →これは大賛成ですね!老い先短い人の利権で制度が決まっているので、もっと未来を描くような流れにもっていけるのが理想かもしれませんね。
  2. 世代別選挙制度の実現(政治システム)
    年代別に選挙区を分け、各世代別の議員定数を人口比とする。人口の少ない若者世代が国政に意見を反映できる仕組みをつくる。
    →これもいい。政治に興味がない人ももっと身近になり、関心を持つと思います。
  3. 現在の公的年金制度を解散、保険料は全額返還(福祉)
    いったん解散して、保険料は支払われた額を支払った人に全額返還。再構築する際は積み立て方式とする。
    →年金もらえるの?と思っている世代は大賛成だと思います。どちらにしてもリセットすべきでしょう、年金問題は。
  4. 地方中核都市への人口一極集中化を誘導(地方)
    破綻市町村は救済しない。住民は地方の中核都市へ移住してもらう施策をとり、インフラ等の経済効率のいい都市をつくって地方を活性化させる。
    →これはかなり大胆。だが、今後の人口分布や経済を考えるとかなり具体的な案。もしかしたら国主導ではなく、自発的にそのような形になるかもしれませんね。
  5. 参議院を憲法審議機関とする(政治システム)
    憲法判断を回避する傾向がある最高裁に代わり、憲法問題を専門に審議する国会にかえる。
    →これはいいかどうか、勉強不足でなんとも。
  6. 正規社員と非正規社員の区別撤廃 (雇用)
    →この垣根をはずしたからといって、問題は解決しないような気がします。こういう枠にとらわれない働き方を選択できるほうがいいのではないかと思います。
  7. 外資系製造業を積極的に誘致し、日本国内にマザー工場設置を促す (産業)
    日本のエクセレントカンパニーの稼ぎ先は海外で、いくら好業績をあげても日本に還元されない。ならば海外の有力製造業に日本にきてもらい、利益を日本で再分配してもらう。そのための政策として法人税の優遇措置を与える。
    →いいアイデアですよね。いろいろ壁はありそうですが、将来を考えたら産業部分の政策はとても重要ですし、今のままいっても衰えるのが目に見えているわけですし。
  8. 上場企業には会社法で認められた範囲以上に厳格なルールを適用
    上場企業がグローバルスタンダードに則った経営をしない限り、日本企業の株価は不当にディスカウントされやすい。上場企業の行動が客観的に予見可能性が高いものかどうか、厳格に監視する。
    →確かに、日本はこの辺は弱いのかも。。
  9. 経済犯の罰金を不正利益の十倍ルールに
    経済犯罪によって儲かる率が高いので、不正利益の十倍を罰金とするルールを導入。取り締まりコストも下がるはず。
    →取り締まるのも大事ですが、悪いことをやるリスク(罰則)を高めるのも大事。見えない牽制はいいと思います。
  10. 戸籍制度の全廃と婚外子の権利制度撤廃
    抜本的は少子化対策として戸籍制度を全廃し、結婚した父母の子供かどうかで差別することはやめる。
    →これだけでは不十分だと思う。経済的な保証、働きやすさ、子育てのしやすさがセットになっていないと難しいのでは?

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】最強の老人介護

介護を学びだして半年、生きることや死ぬことについて今までよりも真剣に考えるようになりました。まずは介護の現状を知るべく、介護界での有名人三好春樹さんの著書をいくつか読むことに。この方は現場を何年かされたのち、現在は年間200回を超える講演や実技指導を行っているそうです。全体的に現場で実証して効果があったことを説いているので、とても説得力がありますね。世の中で「常識」とされていることって、以外に本質を知らないで行われていることが多く、その症状を悪化させる。例えば、痴呆症のケアや排泄のケアなどがまさにそう。全体的に「人間の生きる力」を最後まで使って周りはケアしようね、というメッセージを受け取ることができました。

この本の最初に「介護時代」の本当の意味とは何かという視点で、3つにまとめられている。

  1. 近代の膨大な知識と技術の再構成が必要。医療や看護のような治療を体系化してきたものと、介護のように生活するためのものをきちんと融合して活用しようよ!
  2. 画一化された労働を、本来の自ら感じ判断していく人間的な労働に変えていくことが求められている。介護という仕事はそれを先取りしている。
  3. 発達と進歩に価値をおく「いきっぱなし」ではなく「帰り道」をつくることが求められている。用は老いを内包した思想と生き方が必要。

というのがポイント。特に3番目は考えさせられる。発達と進歩に価値をおく社会で生活してきた私たちの世代は、発達するだけで老いがない。進歩するだけで、その物質的な豊かさを人生の豊かさにつなぐ回路がない。人より早く発達、進歩してきて地位や名誉を手にいれた人ほど、自分の老いとの付き合い方が分からず、「いきっぱなし」で「帰り道」が見つからない。従って老いを受け入れることができないという人が増えているのだそうだ。

確かに、現代社会で働いていると、去年より今年、今年より来年、利益をあげつづけろというのが命題になって、個人の業績と連動している。会社はもちろん、発達しなければ存続が危うくなる。が、その責任を個人に押し付けて、その価値観がそのまま人生と連動してしまっているのは、やはりまずい。これは年をとって自分が発達できなくなったとき、どうしても受け入れがたい事実として対処できなくなる。老いだけでなく、身体的、精神的にダメージを食らったときもその現実を受け入れがたくなるのは、同じ原理なのかもしれない。

そんな人間が量産されて、老後を迎え、この人たちをケアする側はどのようにすべきなのか、三好さんが実際にみてきた例をあげて書いてあるところがとてもいいし、説得力がありますね。その筆者が指摘しているのは、やはり現場と制度の温度差。国が決める方針はことごとく現場とはズレていて、老人の為にならないばかりか、かえってダメにしているそうで、これじゃあ税金を投入してもあまり効果ないよね。。なんで分かったふりをした「専門家」と呼ばれる人に決めさせるんだろう。

例えば「介護予防」っていう考え方。要はこれは「筋トレ」を中心とした事業で、要介護にならないように老人に体を鍛えてもらうのだが、三好さんの経験だと10人中、1人くらいしか効果はない。というのも何ヶ月も筋トレを行う意思と根性がある人が1/10で、もしその人が筋力をつけても使うことがない。それに筋トレは目的がないから「つまらない」。老人も普通の人、というよりは先が見えてきているからこそ、体を一方的に鍛えろと言われるよりは、もっとゆっくり自分のペースでやりたいというのがホンネだと思う。まあ、老人の残存能力をうまく活用したケアでほんとは十分なのかもしれない。

あと、「認知症」に対する考え方はとっても目からうろこ。一般的には、「脳の萎縮や変性が原因」と定義されていて、医学分野での研究が盛んだが、これを「老化に伴う人間的変化」といっている。医学からアプローチするより、人間学だと。現場をみると、脳の萎縮がなくても「ぼけ」が出ることもあるし、萎縮していても「ぼけない」人もいる。この辺は理由が分からないそうだ。だけど、「老化→脳が萎縮→認知症」となるのではなく、「老化による耐えられないストレス→脳が萎縮→認知症」という何か原因があって認知症になるのでは?といっている。「耐えられないストレス」とは、老いそのもの、若さが失われて適応できない、受け入れられないというのは堪え難いストレスらしい。

こういう本は何かきっかけがないと読まないけど、ある程度の年齢から「老いをどのように設計するか」という意識を持つのは大事じゃないかなあと個人的には感じるのでした。確かに、老いは平等にやってくるし、いくら逆らっても無理なので、やっぱり「帰り道」についても考えてもいいのかなあ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】インザプール&空中ブランコ

友人に勧められた本2冊を、ゴールデンウイーク中に読んでみた。なぜに勧められたかというと、「今心理カウンセラーの入り口の勉強をしているんだよ」、といったら「おもしろい精神科医が出てくるから読んでみて」という感じでいわれるがまま、図書館で借りて読むことに。

これは「伊良部」というかなり変わり者の精神科医が、いろいろな患者の悩みを結局は解決していくシリーズの第一弾。2005年には松尾スズキが主演して映画になっているようだが、個人的には主人公の伊良部はデブでわがままで思ったことをすぐ実行しちゃう子供のような性格なので、映像化するならこのキャラの路線でいってほしかったなあ。

小説の内容は「イン・ザ・プール(プール依存症)」「勃ちっ放し(陰茎強直症)」「コンパニオン(自意識過剰)」「フレンズ(携帯依存症)」「いてもたっても(強迫神経症)」の5本だて。それぞれが何かしらの不安要素をもっていて、それが症状にでてくるのですが、本人は原因はなんとなく分かっているがそれをやめられないでいる。

そんな患者に対して、伊良部は直すという意識というより、一緒に遊びながら、本人が問題を理解し、結局は解決していくというお話。個人的に伊良部はほんとは分かって治療しているのかも、あえて変人を演じているのかもという印象を残しつつも、一気によめる小説でした。

その第二弾が、こちら。パワーアップして直木賞もとった作品のようですな。

空中ブランコ
奥田 英朗


こっちは「空中ブランコ(サーカス劇団員)」「ハリネズミ(やくざ)」「義父のヅラ(同級生の精神科医)」「ホットコーナー(プロ野球選手)」「女流作家(売れっ子作家)」の5本だて。こっちは普通の人が主人公というより、あまり普通では会えない人たちの悩みを書いたのが、第一弾より派手に見えて賞もとれたような気がしました。ちなみに、こっちの作品はテレビ化と舞台化がされていました。

サラリーマンからみたら「いいなあ、悩みなんてないんだろうな」と勝手に想像しがちだが、読んでみると「なんだ、みんな悩みをもっているんだ。」という、安心感のような、人の不幸は蜜の味的な優越感に浸れるのかもしれないです。

伊良部の患者の扱い方も相変わらずで、暴走。「空中ブランコ」では自分も1週間で空中ブランコをしてしまうし、「ハリネズミ」では患者のやくざと一緒に、もめている相手の組のやくざに会いにいくし、「義父のヅラ」では出身大学の学長になった患者の義父のヅラを外してしまうし、「ホットコーナー」ではプロ野球選手といっしょに野球をして、牽制球のほうが打率がいいという不思議なことになってしまうし、「女流作家」では自分も作家になるといって、出版社に原稿を持ち込む始末。

伊良部はその患者のやっていることがうらやましくって、自分も一緒にやってみるというのがパワーアップしている。で、この空中ブランコの主人公はその世界のプロの人ばかりなので、ある意味「できるわけないじゃん」という見下し加減が前作よりパワーアップ。だけど最終的には、憎めなくって伊良部のペースにはまり、大切なものを取り戻していくわけです。

ちなみに精神が病んでしまう場合って、「自分は正しい」とか「今の生活がおかしい」とかって全く思わないんだよね。この小説の患者も一緒で、「自分のどこが悪いんだ!」というのがスタートだから、それを否定するとより症状が悪化するし、正当なお医者さんがいってもどこか「分かっているよ、本当に直るの?」という疑念がわいてくる。

その点ではこの変わり者の伊良部医師は、デブで子供じみていてマザコンで、普通の人だったら「自分より下」とか「自分と違う生物」ということで、競合することがない。だから、悩み事もだんだんと打ち明けられるし、先生と患者との絶妙な距離がとれるんだと思う。

心理カウンセラーの勉強でも「患者さんと一緒に寄り添う」「ぶつかり合う言葉はかけない」というのが基本で、ちょっとしたアドバイスも精神状態が不安定なときは「命令」や「指示」に変わって、警戒心が強くなる。まずはその警戒心を取り除くことが必要だよというふうに習っているので、伊良部はある意味サイコーのお医者さんなんだろうな。

あと「傾聴と共感 byロジャース」が基本でカウンセラーはそれを忠実にやりたがるそうだが、その前に患者の警戒心をどうするか、というのは特に習っていないみたい。だから、会って突然「何でも話してください」ということになるそうで
、初めて会った人にすぐに何でもはなせる訳でもなく、だいたいがやり方を間違っているようです。

ちなみに、今教えてもらっている心理カウンセラーの先生もちょっとひょうひょうとしていて、つかみ所はない人ですが、なんだろう何となく「悩みを話してもいいかな」と思わせる雰囲気のある方です。この小説の伊良部と芯のところではちょっとかぶるところがあるなあ、なんて勝手に想像しちゃいました。

ま、そこまで深読みしなくても、普通に楽しめる本ですので、興味があればお勧めししますよ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する