Diane Birch ライブ in 渋谷クラブクアトロ

今年一番はまったアーティスト、Diane Birch のライブにいってきました!!CDだとおとなしめ、しっとりなんだけど、ライブだとパワフル!You Tubeにもオフィシャル版(http://www.youtube.com/watch?v=gqZ_15A6G8E)とライブ版があるけど、やっぱりライブのほうがいいですね。キャロルキングが好きな人はばっちりはまりますよ。

それにしてもライブは前座の人が30分ほど演奏して、「聞いてないよー」という感じでちょいとイライラ、そしてDiane Birch が出てくるとスタンディングなので前のほうにぎゅうぎゅう。満員電車なみの状態で1時間ほど。こんな状態で聴く音楽じゃないよね、ほんとは。今度きたら少なくとも椅子のあるところ、またはブルーノートににしてほしい。

ちょっと注文もありましたが、また来日したら絶対いくぞ!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【ライブ】阿部芙蓉美さんのライブにいってきました。

昨日は会社時代の元同僚とまったりライブにいってきました。私は知らなかったのですが、友人のおすすめの「阿部芙蓉美」さんというアーティストでした。「聞けば分かるよ。」ということで、これも学生時代以来の吉祥寺に。

吉祥寺も何年もこないと変わったような、、でもやはり学生の街なのかな。アングラっぽいお店とか、オシャレな雑貨屋さんから抜け出した人が歩いている。年齢層も平均的に若いけど、年齢不明な人も多い気がする。

とおもいつつ、目的地の「吉祥寺MANDA-LA2」に。比較的小規模なお店で、30−40人くらいがすわれる感じかな。この日は比較的空いていたので、前の席に座っていざライブへ。

見た目は若い今時の雑貨系おねえさんですねえ。ライブのほうは、最初にカバー曲を数曲(ビートルズとか、シェリルクロウなど)自分の世界観で歌っていました。Wikiでみたけど、腹式呼吸ができず声量ができないので、それでも歌えるスタイルとして今の形(ウィスパーボイス、まったり癒し系)になったそうです。

カバーの後はご自分の曲を。ライブでもいっていたけど、「英語の歌は好きなんだけど、自分の歌は全く英語がでてこないんですよね。」という通り、なかなかメッセージが伝わる心地よい歌をご披露しておりました。YouTubeにライブでやっていた「開け放つ窓」がありました。これはCMソングになっていたので、聴くとすぐ分かる曲です。

あと、この日はやっていなかったけど、こっちの曲もいい。


アコースティックな感じと、独特の歌い方、心に残るようなメッセージ、こんなシンガーソングライターが日本にもいるのね。このライブで私もお気に入りになりました。6月もライブをいろいろなところでやるみたいなんで、また行きたいなあ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【音楽】Jake Shimabukuroってすごいね。

「フラガール」の映画の音楽で比較的日本でも知られるようになった、Jake Shimabukuro。数年前にInter FMでハワイアンの番組があって、よく紹介されていたなあ、、。ウクレレで「ここまで弾けるのか?」というくらいのテクニックで、ハワイアンの癒し系以外もかっこ良く弾けるんですよ。これが。

ということで、この2枚のCDを聞いてみる。

ジェントリー・ウィープス
ジェイク・シマブクロ

Walking Down Rainhill
Jake Shimabukuro

1枚目はフラガールの音楽も入っているやつで、最後のほうではハワイアン以外も弾いている。2枚目はご自分でつくった曲でウクレレでの挑戦曲っていう感じかな。とにかくどっちもいいですね。ギターを挫折した自分としては、間違っても「ウクレレなら」なんて思いをいい意味でかき消してくれる2枚です。

個人的になんといっても気になったのが1枚目「GENTLY WEEPS」に入っている「Spain」という曲。これってギターだろ。その上、フラメンコギターの名手「tomatiito(トマティート)」が私の中でベースになっているので、これを超えるのはないだろうと思っていたんだけど、これをウクレレでやっちゃっている。すごいぞ、Jake。今度日本に来たらコンサートというか、Liveくらいの小さいスペースで聞きたいな。

参考までに「Spain」の聞き比べをどうぞ。「ウクレレ vs ギター」です。ウクレレでここまで弾けるのか!という驚きが最初にくるかもね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

グラミー賞@Corinne Bailey Rae

実は今自宅に「テレビ」はありません。
パソコンでテレビがみれるチューナーを使って時々みていたのですが、これが壊れてしまい、ほんと動画をみると「すごーい」って思う生活をしています。決して、テレビを変えない訳ではないのですが設置する場所とイメージがピンとこないので、「まいいか」と思いそのままなのです。

という訳で、テレビの代わりにいつもラジオを流しています。(InterFM)
で、そこで流行の曲をなにげに聞いているので、思ったより音楽情報に詳しくなったりもしています。
今話題は「グラミー賞」のようで、ノミネート作品が発表されています。

グラミー賞ノミネート作品発表!(by asahi.com)
http://www.asahi.com/culture/entertainment/music/TKY200701310180.html

その中で私が持っているのは、ジェイムス・ブラントとコリーヌ・ベイリー・レイ。
どっちもいいんですけど、やっぱりコリーヌさいこーです!

コリーヌ・ベイリー・レイ
コリーヌ・ベイリー・レイ

SADEやノラジョーンズが好きな人だったらとっても気に入ると思います。幼い切ない感じの声で、心地よい雰囲気の音楽で、夜寝る前とかリラックスしたいときに聴くととってもよいです。

2月に恵比寿でコンサートするみたいですが、すでに気づいたと時にはSold outでした。もっと早く気づいていたら、絶対見に行っていたなあ。

ここで、賞とかとったら一気に有名になるんだろうなあなんて思いつつも、ちょっと人より知っているよ的なこともいえるかもなんて考えてみたりもしています。

なおInterFMを聴きたい方はこちら。
http://www.interfm.co.jp/

朝の番組の「GOOD MORNING GARAGE」は朝からぶっ飛んでいて、下手なテレビをみてるよりおもしろい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する