【Book】イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」(安宅和人)

久々に読書メモ。生産性が高い人は何が違うのか?そこから何を参考にすべきか?をノウハウというよりは考え方をキチンと伝えてくれている本。分かりやすくいうと「段取り上手は何が違うの?」と言い換えてもいいのかも。ビジネス本は数多くあるけど、どちらかというとそれはパーツごとのテクニックの説明書なので、こういう根本的な考え方を知るにはとても参考になると思う。

[amazon_link id=”4862760856″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」[/amazon_link]

冒頭に「イシューからはじめる」という考え方は何かというのが書かれている。

  • 「問題を解く」より「問題を見極める」
  • 「解の質を上げる」より「イシューの質を上げる」
  • 「知れば知るほど知恵が湧く」より「知りすぎるとバカになる」
  • 「1つひとつを速くやる」より「やることを削る」
  • 「数字のケタ数にこだわる」より「答えが出せるかにこだわる」

これはすべて限られた時間で「バリューのある仕事」をするための考え方のポイントである。

それじゃあ、「バリューのある仕事」とは?となると

「イシュー度(自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ)」×「解の質(そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い)」

が高いものが「バリューのある仕事」として定義されている。

時間や数打ちゃ当たるてきな仕事をしても軸は高くなるが、「犬の道」に踏み入れてしまう。労力が多くて結果があまり出ない状態ですね。まあ、世の中ある程度生きてくると分かるのですが、多くの問題があるように見えてそれを全部どうにかしようとすると大変になるし、そんなに重要じゃなかったりする。

最初に多くの問題から「どれに答えを出せばいいのか?」必要な問題を見極めるほうが大事。問題は「むやみに解く」のではなく、必要性があるものだけまずは「見極める」ほうがとても大事なのである。

問題(イシュー)の3条件も定義されています。

  • 本質的な選択肢である
  • 深い仮説がある
  • 答えを出せる

シンプルだけど実際の仕事で導入しようとすると、案外冷静に判断できすに慌ててしまうことも多いはず。とにもかくにも日々の仕事の問題解決においては、結局目指すべき「ゴール」があり、それを見失って目先のことだけやっていると、あまり生産性はあがりませんよね。

個人的にはこの本を読む前に、ある程度経験からこの「問題解決の仕方」を実践できるようになったタイプなので、理論としてかなり頷ける部分が多かったです。

犬の道は歩くな!と書いてありますが、これはある程度苦労した後に会得できるもののようにも思えます。苦労していてもしていなくても、最終的にはノウハウに頼らず「自分の頭で考える」て解決するという癖が大事なような気がする。そうはいってもこういう本を事前に読んでおくことによって気づきは早くなると思いますので、気になる方は読んでみるといいかも。あなたもこれで段取り上手?!

【書籍】WPのカスタマイズの基本が分かる。「WordPress レッスンブック 3.x対応」

5月からのフリーの仕事で、積極的に受けているが「小規模のウエブサイト」。そしてターゲットとしているのが「中小企業さん」。

というのも以前から広告PRにお金をあまりかけれない中小企業さんが、自分の商品サービスを売り込むのにとてもよい手段がネットなのになあ、、と思っていたから。

小回りが利く身分になったので、とりあえずはWordPressをカスタマイズしてクライアントごとに作るパターンが今のところCPもよく、リリース後の運用もクライアント側でできちゃうのでなかなか便利なわけです。

というわけで、WordPressカスタマイズの基本となるのがこちらの本。


WordPress レッスンブック 3.x対応

ただし、前提条件はWebサイトをつくる基本が分かること。htmlやCSSはもちろんのこと、サーバのこと、PHPの基本くらいは知っていないと だめかな。既にWebサイト制作をしたことがあって、更新とか、SEOとかもうちょっと管理を便利にしたいという方は、この本を読んでWordPress のカスタマイズの基本がわかればだいたいできちゃうと思います。

とにかくカスタマイズの基本を知りたい方にはおすすめです。

【Book】社会貢献でメシを食う NPOで何かをしたいと思っている人にお薦め本

社会セクターに関しては以前からなんとなく興味があって、一新塾というところに通ったり、ボランティアに参加したり、社会問題を考える勉強会などへ参加していたのですが、なんとNPO法人を立ち上げるお手伝いをすることになりました。

世の中的に、社会起業家、社会貢献ってちょっとしたブームにはなっていますが、本質は何なのか、実際にNPOを運営するための心構えなどを知りたくって、この本を手にしてみました。

[amazon_link id=”4478014094″ target=”_blank” locale=”JP” container=”” container_class=”” ]社会貢献でメシを食う[/amazon_link]

この本の対象は、社会貢献の場で働きたい学生さん向けのようで、言葉の定義に始まり、どんな仕事なのか、どんなスタイルが流行っているのかなどとても分かりやすくまとめられていました。基本的な用語でよく誤解されがちなものはこちらにメモしてみました。

  • ソーシャールイノベーション:社会的課題に付加価値をつけて解決する一連の技術や組織、そしてその活動自身のこと。
  • 人に求められること:プロフェッショナリズムと多様性
  • 社会貢献とは:社会問題の解決に貢献すること。自己犠牲ではなく自己実現。誰かの絶望に寄り添うことではなく、希望を生み出し共有すること。

一昔前までは、お金持ちがやること、施し、同情というイメージが強かったのですが、今は困っている人たちと共に問題を解決する「同士」というイメージでしょうか。

社会の閉塞感や会社での仕事のやりがいの喪失などで、モチベーションが下がってる人が、「目的をもって生きる」ための1つの場なんでしょうね、NPOという活動は。

などと思いつつ、事例などを改めて熟読しました。ここで紹介されている方々は一新塾の講義で直接お話を聞けた方も多く、実際問題3年くらいは大変だったと口を揃えていっていました。NPO活動では最初の数年間活動資金をどうするが問題ですね。

あと最近の流れとして「プロボノ」も紹介されていました。プロのスキルを持った人が、そのスキルをボランティア活動に活かすという内容ですが、個人的には既に実行していたのであまり新鮮味はないのですが、知らない方も多いのでしょうね。きっと。でも気軽に参加できて、自分の存在価値を確認するための場としてはとてもよい考え方だと思います。

「日本人はあまりにも少ない多様性の中で生きてきた」⇒「閉塞感」からくる問題を解決する方法として、「社会貢献活動」が表に現れ、人として役に立つ場を探し、人々と共に希望を共有することで、お金以外でみんながハッピーになる社会に近づけるのかもしれませんね。

【Book】 あなたの犬は幸せですか

帰省の新幹線の中で読んじゃいました。タイトルにインパクトがあって、常々「黒犬は幸せなのかな?」と思っていた疑問を少し解決してくれたように思えます。

[amazon_link id=”4062137291″ target=”_blank” locale=”JP” ]あなたの犬は幸せですか[/amazon_link]
簡単にまとめちゃうと、この本のメッセージは、「犬は犬のルールがある。それを知らないで人間のルールで飼うと犬は不幸になる。」ということにつきます。

ワンコを人間の子供のように扱うことは、飼い主が幸せでも犬にとっては幸せとはいえない。犬は従うべきリーダーを求めていて、リーダーと判断する材料はエネルギーの大きさである。人間が何も話しかけなくても、どっしりとして頼れるオーラを出すだけでワンコは瞬時に感じ取って判断できる。おやつをあげたり、優しい声で話しかけることが犬が安心することではない、、という、けっこう目からうろこが落ちる内容でした。

確かに、犬って動物だし、生きるか死ぬか野生のカンでちゃんと生きているわけだから、そういう犬の性質を正しく理解することは大切だと思う。この本のよいところはマニュアルっぽくないこと。じゃあ、リーダーになるには、「クレオパトラのように落ち着いて威厳をもって歩く。」というようなたとえをしているところがなかなかよかった。

私も黒犬に対して、リーダーとしてちょっと足りないところがあった気がするし、そのために自分がリーダーとしてがんばらないとと思わせるところもあったような気がする。。この本を読んでからは、黒犬にとって頼れるリーダーになろう!と決めたのでした。

犬との関係はノウハウやテクニックではなく、相手の性質を理解して正しいアプローチをするということを学ぶよいきっかけとなる本でした。ワンコを飼おうとしている方、飼っている方もオススメでございます。

【Book】八日目の蝉

NHKのドラマでやっていたのがきっかけで読んでみたのがこちら。

[amazon_link id=”4120038165″ target=”_blank” locale=”JP” ]八日目の蝉[/amazon_link]
角田光代さんはよく女性誌なんかにも連載されていて、なかなかおもしろい視点だなあと記憶していたのですが、がっつり読むのはじめて。とにかく、読みやすく、ぐいぐい引き込まれる内容で一気に読めちゃいました。

出だしはよくある不倫話しがこじれたら、こんな事件まで発展しちゃうんだろうなあという展開で、不倫相手(男)の家庭の赤ちゃんを主人公の普通のOLが誘拐して逃げるところから始まります。え〜、そんなに簡単に逃げれるのかな、、と思いつつ、逃亡生活のエピソードをどんどん読んでいくうちに切なくって、心がぎゅっとしちゃいました。日本ではかなり法に守られており、そこから外れて生活することってかなり大変なんだなあとこれを読んでいて思いました。途中でエンジェルホームという外界から隔離された女性だけの宗教団体みたいな施設に住むことになったりしますが、時代背景的にちょうどその頃オウム真理教が流行っているので、だぶったりもしました。数年の逃亡生活の後、捕まっちゃうんですけど、捕まったときの描写がなかなかいいのです。

その後のストーリーはこの誘拐されて子供が成人して、過去の記憶に立ち向かうというお話ですが、本人も戻った先の家族(不倫相手の男性の家族)も何かを失い、みんなとても苦しんでる姿が描かれていますが、やぱりこれは親が悪かったんだろうなあと。しかし、親も普通の人間なので、かなりリアルに描かれているんじゃないでしょうか。。最後にこの誘拐された子が未婚の母になることを決め、バラバラになった家族とやり直す姿が、とても心強かったです。

おそらく女性が読むと、どんな立場の人でも何かしら感じる部分があるのではないかと思います。家族がいてもいなくても、世間の枠にはまっていてもはまっていなくても、人生それぞれ、自分らしく生きるのが幸せじゃないの?という問いを投げかけられた感じがしました。

【Book】「フリー」からはまだまだ学べる。

半年前くらいにすっごく話題になっていた「フリー」。図書館で予約をして、3ヶ月まってやっと順番が回ってきて、GW中に読むことに。

世の中的には少々誤解もあるこの「フリー」の考え方のようですが、過去から現在までの「フリー」の歴史、そしてこれからどうなるのというなかなか興味深い内容でした。

もともと「フリー」の概念自体は昔からあって、「一つ買うと無料」とか「お試し無料」とか、マーケティング的な使われ方をしてきた。これがデジタル経済が発達するにつれて、「フリー」に新しい概念が追加され、発展しているのが現在進行形のところで、これはまだうまい答えがでていない。なので、その仕組みを理解して、自分たちなりに工夫してチャレンジすることで、ビジネスチャンスがつかめるのではという、著者のメッセージみたいなのが伝わってきました。

ネットの世界にいると、「情報は無料になりたがっている」という意味は直感的に感じると思う。これを「どうしてそうなのか?」という理由をきちんと説明しているので説得力のある内容となっています。

例えば、ベルトランが唱えた理論で「競争市場においては、価格は限界費用まで下落する。」法則は、今の経済で起こっており私たちの身の回りにはものがあふれて、そのもの自体あっという間に価格が安くなる。そしてネット内のあらゆるビットは「ほぼゼロの限界費用」となるため、フリーの流れを止めることができない。

とにかくネットの世界はデフレ状態、「有り余っているものを無駄に扱う」という発想が重要になってくる。そして「今日の革新者とは、新たに潤沢になったものを着目して、それをどのように浪費すればいいかを考えつく人」がフリー経済で成功するかどうかのキーになる。別のいい方をすれば、「非貨幣経済で得た信用をお金に変換できるか、それが21世紀の主戦場だ!」(週間ダイヤモンドでの著者のコメントかな)ということです。

じゃあ、フリーで集めたもの(評価、ユーザー)をどうやってお金にかえるか?これは著者がいう、「ハイブリット経済」でコントロールとカオスを同時に追求することだ。フリーで集めた「潤沢」な非貨幣価値の収益プランはgoogleに代表されるように、まずは新しいものを生み出し続け、まずは大量の顧客をつかまえることが重要で、マネジメントも制御せず、収益プランもあとから考える。で、その中から「希少」を見いだし、お金にかえる、ここにはビジネスプランとマネジメントが必要になる。

どんなにお金をかけてつくったとしても、顧客が価値を見いださないのであればそれはフリーにするしかない。フリーに勝つにはそれよりよいもの、違うものを提供するしかない。それが物なのか、サービスなのか、何なのかは自分が提供するものによってオリジナルで考えるしかない。

私たちの未来は、もっと「個」が台頭して、それぞれがサービスを提供する時代なのかもしれない。いままでの大きな枠で、だれでもできることをしていたら、もう生きるのが大変になるんじゃないかな。ホント、おもしろい時代になったのかもしれないね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【Book】ワークライフバランス 考え方と導入法


図書館から返却の催促がきているので、簡単に内容をメモしておきます。

「ワークライフバランス」というよりは、「ワークライフハーモニー」
仕事以外の場を大切にすることによって、仕事も短時間で成果をあげることができるようになる。

「ワークライフバランス」=(「ファミリーフレンドリー」×「男女均等推進」)+「働き方の見直し」
この筆者が考える「ワークライフバランス」の定義として、子育て支援の色合いが強い「ファミリー・フレンドリー」に、女性差別撤廃という意味を含む「男女均等推進」を掛け合わせて。それらの取り組みの実効性を確保する「働き方の見直し」をくわえたもの とのこと。

仕事で成果を挙げる為に「働き方の柔軟性を追求する」というのが、ワークライフバランスの核心だろうともいっている。

その他には他国の実施状況、日本での実施状況、大企業での導入事例が掲載されている。

この筆者が企業向けのコンサルをしているので、大企業の事例をあげて述べるのは分かるが、個人的には「ワークライフバランス」って個人のものだと思う。日本の場合、企業や国が先導して制度をつくって、少子化対策&人材不足対策と銘打って行っているが、個人レベルで考えるとなかなか身近に感じない。

「少子化対策=ワークライフバランス」って、、なんか1元的に物事をとらえていて、問題の本質をもっと分析きて、解決方法を見いださなければ行けないんじゃないかなと。

この本は、日本における「ワークライフバランス」って大企業や国がこんなことをいっているよ、、ということを理解する上ではいいが、これを読んで自分たちでどうしたらいいか考えるのが必要そうです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する