【ミニピン】Facebookページの企画で、オリジナルお散歩バックを作ってもらいました!

お仕事でFecebookページの運用をしているのですが、そこのキャンペーン企画として「ペットの写真を投稿してもらって、抽選でお散歩バックにしてプレゼントする」ということをやっておりました。最初はマグカップにしようという案も出ていたのですが、カップって案外もらっても使わないよね、、ということで、犬を飼っている人ならだれでも必需品の「お散歩バッグ」にすることになりました。 それでうちのレンの写真をいくつかサンプルでだして、その1つをいただいてきました!それがこちら。

レンのお散歩バッグ2

写真にフレームをつけて、ブログの名前を入れてもらいました。うちの近所だからかもしれませんが、散歩であう飼い主さんたちってブログをやっていることが多いんですよね。なので、ブログのアイコンと名前で「こんなのやってます〜。」っていう紹介にもなるかなと思ってこんなバージョンで1案つくってもらったんですよね。 実際のお散歩バックプレゼントのデザインはこんな感じ。

お散歩バックバナー

これも実物はかわいくできておりましたが、まだサンプルで使うということでこちらはいただけませんでした。 実際2日前からこのバックをもってお散歩に出かけているんですが、結構気づいてくれるワン友がいてそれはそれで嬉しいんですよね。ちょっと親バカが入っているかな? このキャンペーン、かなり好評だったのでまたやるかもです。ご興味のある方はFacebookページをご覧くださいね。

mu・ニャンコが教える「東京のイベント情報」https://www.facebook.com/mu.woman

R.L(エールエル)のワッフルケーキ@Facebookモニター企画

先日、ワッフルケーキの専門店R.L(エールエル)さんからモニターのワッフルケーキがやってきました!。http://www.rl-waffle.co.jp/

なんとこのモニター、Facebookの広告バナーで募集して食べた感想は「ノート」に書いてという、ソーシャルマーケティングの面白い試み。すでにFacebookには簡単に感想をまとめたのですが、とりあえずブログにもメモしておきます!

届いた物は8種類入りのワッフルで、箱を開けたとたんカラフルなクリームにテンションがあがります。どれから食べようかなとワクワクです。ちなみにワッフルの種類は、 チョコ、プレーン、ストロベリー、抹茶、キャラメル、チョコミルキィ、紅茶、つぶつぶイチゴの8種類。この8個セットのうち4つ(キャラメル、チョコミルキィ、紅茶、つぶつぶイチゴ)はネット限定のようです。

ワッフルがきたよ!

写真で見ると比較的大きくみえるのですが、1つ1つは小ぶりなんです。2口、3口であっという間になくなってしまう感じ。おやつだったら1人2個くらいは軽くいけちゃいますね。味はもちろんどれをいただいても美味しいです!

思ったより小ぶり。

デバチカでよく見かけていましたが、ネットでも気軽に買えるとは知りませんでした。

個数も10個、20個、30個、50個、100個まであり、保存のきく冷凍のものまであります。会社などのちょっとした手みやげに喜ばれる一品なのではないでしょうか。

甘さが控えめなので、女性だけなく、男性にもおすすめかな。とにかくいろんな種類を選びながら、みんなでティータイムというのもいいですね。

貸し切り状態の美容室スプラッシュさんにて

お昼の銀座の予定が思ったより早く終わったので、髪でも切りたいなあと思い美容院を予約。ちょうど空いていたので銀座から富ヶ谷にある「美容室スプラッシュ」さんへ直行。

こちらのオーナーの小林さんには10年以上も御世話になっていて、実は富ヶ谷にくる前は東中野の美容室にいてそこからの付き合い。私もその頃は東中野に住んでいて、その後渋谷のほうに引っ越してきたのですが、ちょうど同じ時期に富ヶ谷に独立してお店を構えたというのがご縁でずーっと通わせていただいています。

そんななので、もうあまり考えずともヘアースタイルはお任せ。今回はこんな気分なんだよね〜みたいな曖昧な伝え方で、上手にまとめてくれます。そういうことで昨日もなにも考えず「よろしくです」の一言で、パーマ、カット、バーブカラーの3点セット。4時間はかかるよ〜という言葉に少し躊躇しながらお願いしたのでした。

今回、パーマをする際に新しく秘密兵器を導入したらしく、その名は「パルッキー」。ナノレベルのミストが出る機械で、エステによくあるミストがでるやつとほぼ一緒っぽいです。美容院なのになぜ?と思ったら、パーマをする前に髪に水分補給をすると、パーマ液の浸透がよく、ムラができなくなるそう。それと髪の中心部にもナノレベルの水分が入り込むのでトリートメントせずとも髪がふっくら柔らかくなるそうです。

その名は「パルッキー」

まずはカーラをまく前に「シュー」、カーラを巻いてパーマ液をかけて1液を流したあとに「シュー」、と2回くらい蒸気を髪に浴びました。あとはハーブカラーをする前にも「シュー」とされたかな?とにかく液の浸透は良くなるみたいで、いつもより待ち時間がちょっとだけ短縮していました。

この日はあいにくの天気だったため、私の他にお客さんがおらず貸し切り状態。オーナーの小林さんにいま流行っているFacebookをお薦めしたら「今やる!」ということで、パーマをかけている間に設定などしていましたw。実は小林さんは、以前もtwitterを教えてあげたらすぐに試して活用したり、自分でお店のサイトもつくちゃうと凝り性なんですよね。今度もFacebookを楽しんでいただけると思います。

スタッフの方達には「Instagram」をお薦め。気づいたらみんなiPhoneを持ってtwitterもしていたので、気に入ってくれるかなと思いお勧めしました。で、テストでどんなものか紹介するためにスタッフの方を激写。そして「Instagram」でアップっと。思った以上に反応が良かったです!

美容師さん、激写1

美容師さん、激写2
この写真を見ると自分の写真のレベルがあがったような錯覚になるので、それもまた「Instagram」の良いところ。

そんなこんなで昨日は貸し切りの優雅な気分でパーマ&ハーブカラーをしてもらえました。
美容院って長い時間がかかるので、こうやって楽しく時間を過ごせるって大事ですよね。これからもよろしくです。スプラッシュのみなさま!

美容室スプラッシュ(Hair Splash)
〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1-9-20 ヒラマビル2B1F
Tel: 03-3467-0141
ウエブサイト http://hairsplash.nett

[mappress mapid=”1″]

写真共有サービスのInstagramを試してみた。

twitterのフォロワーさんがここ1週間くらいで「Instagram」というアプリから写真を投稿しているのをみて、なんだろ〜〜と思って眺めていたのですが、あまりにも急激にやっている人の人数が増えたのでちょっと試してみることに。

どんなものかというと基本はiPhoneアプリで、iPhoneで撮った写真を気軽に投稿して仲間に見てもらうとというシンプルなもの。写真版twitterといわれていますが、写真好きならすでにFlickrで同様のことをしているはず。現に私自身もブログなどで写真を使うため、twitterにiPhoneでとった写真を投稿→Flickrにストック→Flickr上で写真を共有してお友達と共有したり、ブログに流用したりしています。

なので、最初は「Flickrでできてるじゃん。あまり興味ないなあ。」とは思っておりました。とはいいつつ、違いが分からないで食わず嫌いするのも何なんでテストしてみました。

まずは、iPhoneのApp Storeから「Instagram」をダウンロード。ユーザ登録をしたらすぐに使えます。この時点では「Instagram」上でお友達がいないので、「Find friend」からFacebookやtwitterのお友達からやっている人を捜し、フォローします。この流れはtwitterとほぼ一緒ですね。

そして写真の投稿ですが、これがなかなか面白い!!ただ、投稿するだけならtwitter+Flickrと一緒なんですが、ポイントは「画像加工」して投稿できること。素人でもデザイナー気分で写真にあった加工をして投稿することができます。

例えば、、黒犬の散歩のiPhoneで写真をとります。iPhoneで「Instagram」を開き、「Share」ボタンから公開する写真を選択します。

元になる写真を選びます。

次に、画像の加工方法を選びます。加工しないNormalもありますが、その他に11種類の加工法が選択できます。ボタンを選ぶたび、画像が加工されるのでどれがいいか試すことができます。

画像処理方法を選びます。

画像の見た目が決まったら、次は投稿するためのコメント、場所、共有先を入力します。
What?にはコメントを、Where?にはその場所(必要であれば)、Sharingには共有先選択できます。おそらくここもミソで、すでにtwitterやFlickrを楽しんでる人に対しても気軽に使えるというところなんでしょう。私自身、Flickrに写真を全部統合したいと思っているので、Flickrを選択できるのであれば「Instagram」は使いたいツールになってくるわけです。

コメントと投稿先を選びます。

このアプリから投稿した写真のサンプルをいくつが掲載します。

黒犬の散歩風景の元写真がこちら。↓

坂道を歩く黒犬(元)

「Earlybird」という加工をした写真がこちら。黒犬が際立って急にオシャレな散歩風景に。

坂道を歩く黒犬

これは昼下がりの神宮前交差点↓

土曜日の神宮前交差点(元)

これを「X-Pro Ⅱ」とするとなんと日本からアメリカっぽい風景に早変わり。

土曜日の神宮前交差点

夜の中華料理屋さんの看板↓

麹町の中華料理屋さん

「Lord Kelvin」という加工をすると、香港にきたような雰囲気になりましたね。

麹町の中華料理屋さん

ソーシャールメディアとしていろんなツールがありますが、これら全てに共通するのがそれぞれでつくったコンテンツが「流用できること」。かなり昔はソフトをつくるコンセプトが「囲い込み」という考えが見え隠れしていたのですが、ここ数年はホントに使う側のユーザにとって使いやすく、楽しいものが増えてきています。その理由はコンテンツを共有でき、つながっているという感覚がもてるというのが大きいのではないでしょうか。共有するための表現方法が、ブログ、twitterのテキストベースや、場所、写真、などなど幅広いものを自分なりに組み合わることにより「個性」が表現できるんでしょうね。その「個性」を表現するツールの1つとして「Instagram」はとても面白いツールではないでしょうか。まだ使い込むまでいってませんが、このツールを使って楽しんでみたいと思います。

iPhone専用写真共有サービスのInstagram、わずか1週間で10万人のユーザーを獲得 http://jp.techcrunch.com/archives/20101013instagram-users/