【Book】フリーエージェント社会の到来—「雇われない生き方」は何を変えるか / ダニエル・ピンク

「ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代」や「モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか」など、常に話題の書籍を出しているダニエルピンクの本で2001年に出版されたものですが、今読んでも全く古くなく、それ以上にとても納得できる内容でした。

[amazon_link id=”4478190445″ target=”_blank” locale=”JP” ]フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか[/amazon_link]

もともとIT業界で仕事をしていたので、フリーで働いている人も多かったし、組織に属すほうが窮屈というのは働いていると実感できるんですが、やっぱり今までの考え方に束縛されていて、自分がフリーエージェントになるという行動はなかなか出来なかったんですよね。

ただ、ここ数年間は自分自身が企業に勤めることに対して、心が不協和音をならし、「何かおかしい」と訴えていて、まあ学校にいきながら「将来をどうしようかな」と考えていたところにこの本に出会えたのはよかったです。「会社に勤めないほうが自分らしい生き方ができそうだ!」ということに確信を持てたから。

既に自然と実践していることもあったけど、一番グッときたのは11章の「自分サイズのライフスタイル」の内容。p235ページのポイントより抜粋すると、

工業経済の時代が訪れて、それまで一体だった仕事と家庭が切り離された。フリーエージェント経済はそれを再び統合しようとしている。フリーエージェントたちは、仕事と家庭のバランスを取ろうとする ー仕事と家庭を二者択一ととらえる発想と言ってもいいー のではなく、仕事と家庭をブレンドしている。企業の「家庭に優しい」制度や法律で定められた家族休暇の制度がうまく機能していないのは、ひとつにはこのためだ。こうした制度は人々に仕事と家庭をブレンドするのではなく、バランスを取ることを強いるものであり、「自分サイズの服」を求める人たちに「共通サイズの服」を着せるものといえるからだ。こうした状況で、フリーエージェントたちは、政府や企業に頼るのをやめて、もっと人間の性質と進化の過程沿っていると思われる働き方を選びはじめた。

政府や企業が押し進めている「ワークライフバランス」にずーっと違和感を感じていたのですが、うまく行かないのはそういうことか!とこの本を読んでやっと納得することができました。要は産業革命以前は、家庭内で個人で働いているフリーの人が多かったわけですが、それが産業革命によってお金のかかる大規模な機械を使って生産性をあげていったわけです。そうなると個人がそういう設備を用意して働くことができないので、設備があるところに働きにいくようになった、それが今の働き方のスタイルのベースになっている。勤め人が会社にいって9時ー5時で働いて、土日は休みという規則正しい、また仕事とプライベートがはっきり分かれている生活スタイルになっているわけです。

しかし、現代は会社に勤めていても仕事とプライベートの境界線が曖昧になってきて、その分は別に会社からは保証されない。働き過ぎがダメ、といいつつ有給を取ろうとすると、休む前後でいつも以上に働かなくてはならない、、と矛盾が多い。それは、産業革命型の働き方(個性を考慮しない画一的な働き方)に対して、無理にワークライフバランスを当てはめようとしているから。バランスを取るのであれば、フリーエージェント的な働き方で、自分の時間は自分でコントロールできる働き方がベースではないと、ワークライフバランスなんて実現しないという冷静に考えればその通りですよね。

最後のほうに未来像として、こんなことも書いてありました。p379より抜粋。

フリーエージェントの時代には、ビジネスやキャリアのあり方、コミュニティの築き方も変わってくる。経済の生態系には巨大企業とミニ企業が主に生息し、中間サイズの企業は廃れていく。マイクロペイメントやぶつぶつ交換の拡大により、個人やミニ企業間の取引は今より容易になる。いままでのような管理職は姿を消し、特定のプロジェクトのために適材適所の人材を集めることができるプロジェクトマネージャーが生き残る。フリーエージェントの台頭により人と人とのふれあいがなくなるという指摘は杞憂に終わる。むしろ、地域社会やコミュニティーは活気を取り戻すだろう。フリーエージェントの未来は、男性ではなく、女性が中心になって築いていく。21世紀は女性の世紀になるのかもしれない。

10年前に書かれたものですが、今まさしくこのような時代になりつつあるような気がしますね。コミュニケーションはtwitter, facebookなどのソーシャルメディアを利用すれば緩いネットワークに常時接続できるし、以前よりいろんな人との出会いも増えているような気がする。女性が中心というのは、男性が好む封建的な社会から、柔軟性を余儀なくされる社会構造に変化したことで女性が働きやすくなっているということなんでしょうね。

【Book】ワークライフバランス 考え方と導入法


図書館から返却の催促がきているので、簡単に内容をメモしておきます。

「ワークライフバランス」というよりは、「ワークライフハーモニー」
仕事以外の場を大切にすることによって、仕事も短時間で成果をあげることができるようになる。

「ワークライフバランス」=(「ファミリーフレンドリー」×「男女均等推進」)+「働き方の見直し」
この筆者が考える「ワークライフバランス」の定義として、子育て支援の色合いが強い「ファミリー・フレンドリー」に、女性差別撤廃という意味を含む「男女均等推進」を掛け合わせて。それらの取り組みの実効性を確保する「働き方の見直し」をくわえたもの とのこと。

仕事で成果を挙げる為に「働き方の柔軟性を追求する」というのが、ワークライフバランスの核心だろうともいっている。

その他には他国の実施状況、日本での実施状況、大企業での導入事例が掲載されている。

この筆者が企業向けのコンサルをしているので、大企業の事例をあげて述べるのは分かるが、個人的には「ワークライフバランス」って個人のものだと思う。日本の場合、企業や国が先導して制度をつくって、少子化対策&人材不足対策と銘打って行っているが、個人レベルで考えるとなかなか身近に感じない。

「少子化対策=ワークライフバランス」って、、なんか1元的に物事をとらえていて、問題の本質をもっと分析きて、解決方法を見いださなければ行けないんじゃないかなと。

この本は、日本における「ワークライフバランス」って大企業や国がこんなことをいっているよ、、ということを理解する上ではいいが、これを読んで自分たちでどうしたらいいか考えるのが必要そうです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】「マイクロソフトで出会えなかった天職」を読んで

NPOとかボランティアに興味がある人や「なんのために働いているんだろう」という人向けの本。このVoxとかAmazonでも評価は高く、図書館で借りようとしたら出版されて2年も経つ本なのに、予約待ちでやっと読むことができました。

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
ジョン ウッド

著者のジョン・ウッドさんはMSが全盛期でかなりよい待遇で働いていた頃、発展途上国(最初はネパール)の旅行先で学校いっぱいの生徒や本が貴重なため、数冊しかない図書館なのに鍵がかかっていることに衝撃を覚える。以前にもカンボジアの青年が働きながらそのお金を勉強するために投資している姿をみており、自分が小さいころどれだけ本好きで、たくさん夢中で読み、現在そのおかげで待遇のよい仕事にもついている。(本人の努力もありますが。)
最初はネパールの校長に「本をもって戻ってきてください。」という約束に思わず「はい」といったのがきっかけで、働きながら本を集め最初の活動を開始する。そのときの感動や、その行為が子供達にどんなにすてきな未来を与えるか目覚めてしまった著者は、会社の地位を捨ててボランティア活動に人生の進め方を変えるといった感じです。
このあと、やっぱり一筋縄でうまくいくはずはないのですが、彼のビジネスセンスと情熱で困難を次々と乗り越え、多くの国へ図書館や学校を寄贈するという活動を成功させる、一種のプロジェクトX的な流れでお話は進みます。
とにかく、この本はPRの為に書いていると思うんだけど、読みやすくて、読後が清々しいです。彼のすごいところはボランティア活動でも大きな数値目標を掲げて、計画をたてて、実行し、結果を分かりやすく公開するという、ビジネスルールの当たり前を導入したところ。
■日本 Chapters ルーム・トゥ・リードとは
http://www.roomtoread.org/involvement/chapters/japan/index.html

【ジョンが定義する変革の成功要因】

1.最高の長期投資先を探す
2.壮大な目標で勇敢な人達を惹きつける
3.起業家魂のある強力なチームを現地で起用する
4.現地のコミュニティを巻き込む
5.人材に惜しみなく投資する
6.実施プログラムの効果測定をする
7.寄付者へ結果を明示する
8.緊急性を認識する
9. 結果を最重要視する
10.お金を賢く使い、経費をおさえる
11.大きな夢を持つ
12.解決策にスケール感をもたらす
(13.世界水準の能力を持つ人々をリクルートする)

この辺のポイントってNPOもビジネスも一緒のはず。ジョンが指摘するように、慈善だけで寄付を募り、どのようにお金が使われているか分からない、資金を多く出すある一定の人に頼るなんてことは、運営上とてもリスキーだ、と。ビジネスもはっきりいって一緒ですよね。ある特定のクライアントばかり追っていたら、そのクライアントがやめたら会社はアウト。(昔働いていた会社はそうだったのですが。。)

じゃあ、サービス業で個人からお金をいただくビジネスモデルだと、ある一定の安定したお金が見えるけど、長期的な投資や人材の大切さをおろそかにしがちで目先のことばかり話す。結果は大事だけど、ゆでかえるになりがちで「お客の立場にたったサービス」を考えることができなくなりがち。(これは今の会社。)

会社でもNPOでも地方自治体でも何かを「長期的に継続可能な形で運営する。」っていう考え方は何をする際にもすごく重要なんだなと、それに必要なのは「情熱」と「資金」。これらを両立させてこそ、自己満足じゃないボランティアもできるし、受ける側も「自立」するきっかけをもらえるし、みんな心がハッピーでそれが歪まないで継続し続ける。

今の日本の政府の人に聞かせたい内容だなと、、もっと危機感をもって実行できないもんですかねえ。NPOを目指しているひとより、組織運営に関わる方に是非とも読んでいただきたい本だと思いました。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【読書】東京タワーをやっと読んでみた。

あんなに話題になった「東京タワー」ですが、映画でもドラマでも見る機会がなく、やっと今回読むことができました。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー

映像ではどう表現されているかわからないけど、私も地方出身で、笹塚エリアも近いので、文章内の描写が結構すんなりイメージできてとても読みやすい本でした。
ご存知の通り、ストーリーはリリーさんとお母さんを中心とした自伝で、母親の愛は偉大だなというのが実感できる内容でした。貧乏でも明るく、子供を心から心配する母の姿は、苦労は多くても「いい人生」なんだと思う。老後に地方から都会に移り住み、人の良さと人なつっこさのおかげで、オカンのご飯を食べにくる。そして、誰とでも仲良く、疑わない性格が、リリーさんの知り合いすべてに受け入れてもらうなんで、、最高の老後ではないでしょうか。
最後はガンでかなり苦しい思いもしていますし、籍をいれたまま旦那さんは他の女性のところで暮らし、ステレオタイプで見たら「なんて不幸なんでしょう」なんていう人もいると思う。けど、どこにいっても明るく、楽しく、息子以外の人にも愛を与える様子を見ていると、本当にすてきな人だったんだなあ。
私たちの世代(今30代〜40代くらいの人ね)は、こんな介護ができるのかとか、自分の老後はどうするのか、もう少しで直面する問題だし、実際に直面している人もいるわけで、なんだかある意味、この辺の問題についてもいいヒントが入っている本だと思う。
ビジネス書で技術を理解するのもいいけど、やっぱり、実際のお話や体験から学ぶことのほうが多いのかもしれない。ちょっとまじめな感想でした。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

【ボランティア】アニマルセラピー(CAPP活動)にチャレンジ

先月のお話なのですが、黒犬って散歩していても人なつっこいし、もしかしてボランティアとかできるんじゃないかなという単純な思いつきからググっていたらこんなサイトを発見しました。

JAHA(日本動物病院福祉教会)
どちらかというと、素人というよりは獣医さん中心の社団法人なのですが、CAPP(アニマルセラピー)活動もボランティアで行っており、早速資料請求をしてみました。動機は活動場所にいつも散歩でいっているデイケアセンターが含まれていたのと、マイペースな黒犬が役に立つならそれはそれでうれしいことだなあという結構単純な動機でした。
いつもいっているデイケアセンターはこちら。(夏の写真なので日差しが強いですが。。)
資料請求後、速攻で御連絡をいただき、数日後(9/19)にこのデイケアセンターにて活動されるということで、早速見学にいってきました。いっつも外側を散歩していたので、中に入ったのははじめてでした。外観からみてもきれいな施設で、内側もなかなかきれいなものでした。
でこの日参加されたのが、3匹のわんちゃんと1匹のねこちゃん。みんな落ち着いていて、賢そう。。うちの黒犬はできるのか?というのがすっごく不安でした。活動前にちゃんと獣医さんが動物のチェックをしてくれて、OKがでた時点で早速おじいちゃん、おばあちゃん方とご対面です。
活動自体は動物達が飼い主さんのもと、おじいちゃんやおばあちゃんの膝の上にのってなでなでしてもらったり、大型犬は近くにすわってなでなでしてもらったり、みんな笑顔。途中でワンコの特技を披露したりして盛り上がったりとなかなか喜んでもらったようでした。
私は初回なので、わんこなしで見学させてもらい、次回は黒犬をつれて見学なので、どうなるかちょっと楽しみ。
このデイケアセンターの訪問グループのリーダーさんは実は私の家のご近所さんで、見学後にいろいろと困ったこと(例えばどこの動物病院がいいの?とか、こういうときにどうするのとか)をいろいろと教えていただきました。すっごくいろいろなことを知っていて、とてもたよりになるリーダーさんです。
このごろはお散歩でもお会いできるようになり、昨日はリーダーさんの愛犬、くろ希智くんの写真をゲットできました!
ちゃんとカメラ目線で笑顔がつくれるという、モデル並みです。毛もふかふかして気持ちよく、ほんと人も犬も大好きな子です。今日はこれからお仕事に行く途中のようで、リーダーさんは活動用のTシャツをきておりました。
黒犬とも相性はよいみたいで、いつも散歩であうとクンクンしあう仲になっています。(写真はうまくとれていませんが。。)10月の見学では黒犬もちゃんとできるかどうか様子をみながら、チャレンジしていきたいですね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する